11月は「労働保険適用促進強化期間」です


 労働者とその家族の生活と安心を守るため、労働保険への加入は事業主の義務と責任です。 

『正社員、派遣、パート、アルバイト、雇用形態に関わらず、1人でも雇ったら労働保険に入る必要があります。』




 
労働保険とは
労働者災害補償保険(一般的には労災保険といいます。)と雇用保険の総称です。
労働者を一人でも雇用していれば、加入手続きを行わなければなりません(農林水産の一部の事業は除きます)。


労災保険とは
労働者の方が業務中や通勤途上に事故にあった場合に、必要な保険給付を行い、被災された方や遺族の方の生活を保護し、併せて社会復帰を促進する事業を行うための保険制度です。


雇用保険とは
労働者の方が失業した場合や働き続けることが困難になった場合、また自ら教育訓練を受けた場合に、生活・雇用の安定と就職の促進を図るために必要な給付を行う保険制度です。




 お手続きは、最寄りの労働基準監督署、公共職業安定所までお問い合わせください。
また、労働保険の加入手続きから加入後の事務処理を代行する厚生労働大臣認可の「労働保険事務組合」がありますのでご利用ください。


 詳しくはこちら   厚生労働省HP






この記事に関するお問合せ先

   富山労働局総務部労働保険徴収室
              TEL 076-432-2714

リンク集

     

 

富山労働局 〒930-8509 富山市神通本町1丁目5番5号富山労働総合庁舎

Copyright(c)2000-2011 Toyama Labor Bureau.All rights reserved.とい