【雇用保険を受給されている皆様へ】令和2年9月30日(水)までの失業の認定手続きについて

1 失業認定日の取扱いについて



 緊急事態宣言中、失業認定は郵送を原則としておりましたが、令和2年6月1日(月)以降は、ハローワークが指定した日(失業認定日)にご来所いただくことを原則としています。
 但し、令和2年9月30日(水)までの間は、新型コロナウィルス感染症の感染防止のために来所が困難な場合については、 郵送 による証明認定が可能です。 郵送による証明認定を希望される場合は、①雇用保険受給資格者証 ②失業認定申告書 ③本人宛返信用封筒を認定日の翌日から1週間の間に管轄のハローワークに送付ください。
 ※郵送事故防止のため、特定記録などでご郵送いただきますようお願いします。
 

2 求職活動を実施できなかった場合の取扱いについて



 令和2年3月10日(火)から9月30日(水)までの間に、認定期間が1日以上含まれる方で、感染を懸念する等の理由により求職活動を行うことが出来なかった方は、次回認定日に「求職活動に関するアンケート」にその旨を回答することで、 認定を受けることができます。

 
 注)上記の「郵送による証明認定」「求職活動を実施できなかった場合の取扱い」については、先に7月31日(金)までの 特例措置としてお知らせしていましたが、9月30日(水)まで特例措置期間が延長されましたのでご留意ください。

  ご不明な点がございましたら、管轄のハローワークまでお問い合わせください。
  (平日の開庁時間中(8:30~17:15分)に限る)。
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒930-8509 富山市神通本町1丁目5番5号富山労働総合庁舎

Copyright(c)2000-2011 Toyama Labor Bureau.All rights reserved.