時間外労働の上限規制の対応状況に関する自主点検(トラック)の実施について

 平素より労働基準監督行政の運営につきましては、格別のご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律が施行され、労働基準関係法令の改正により、時間外労働の上限規制が大企業・中小企業と順次適用されてきたところではありますが、令和6年4月1日より、これまで適用が猶予されていた「自動車運転の業務」に対しても上限規制の適用が始まりました。また、令和4年12月に改正された「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(改善基準告示)も、令和6年4月1日から適用されたところです。
 道路貨物運送業におかれましては、将来の担い手を確保するうえでも、長時間労働の抑制を始めとした働き方改革を推進することによって、より魅力ある職場をつくることが喫緊の課題となっているものと思われます。
 つきましては、道路貨物運送業時間外労働の上限規制への自主的な取組の促進を目的とした自主点検表をご用意させていただきましたので、自社における上限規制への対応状況をご確認いただくとともに下記リンク先の回答フォームにて、令和6年7月23日(火)までに自主点検結果をご回答いただきますようお願いします。
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒102-8305 東京都千代田区九段南1-2-1

Copyright(c)2000-2017 Tokyo Labor Bureau.All rights reserved.