ボイラー及び圧力容器安全規則等の一部を改正する省令(有効期間の延長)について

 
新型コロナウイルス感染症の影響により、性能検査の実施が困難な特定機械等について、検査期日の延長が可能となります。

詳細はこちら(厚生労働省HPへのリンク)


【手続き方法について】

検査証の有効期間の延長を申請しようとする場合、
以下の「検査証有効期間延長申請書」を所轄労働局長に提出してください。


検査証有効期間延長申請書(様式任意)

有効期間を延長する特定機械等一覧表(申請書別紙)(参考様式)


〇提出方法〇 
 窓口持参、若しくは郵送による(対面を避ける意味で郵送申請をお願いしています。)

〇注意事項〇
 申請に対する結果の通知(下記)について、郵送による交付を希望する場合は、お手数ですが送付用の封筒(送料申請者負担、宛先記入したもの)を添えて申請してください。
 なお、新型コロナウイルス感染症の影響を理由としないものは申請できません。
          
〇結果通知〇
 労働局長は、延長を認める場合、個々の事案の事情により4月を超えない範囲内において検査証の有効期間を延長し、「特定機械等の検査証有効期間延長通知書」により、申請者に対し通知します。
 延長が認められない場合は、「特定機械等の検査証有効期間延長申請審査結果通知書」により、申請者に対し通知します。



【有効期間の延長にあたって】

当該延長期間中に特定機械等を稼働させる場合は、安全確保のために自主点検を実施し、その結果に応じて補修その他の必要な措置を講ずることが必要です。

性能検査が可能となった際には、延長期間の終了を待つことなく速やかに性能検査を行ってください。

 

問い合わせ

本件記事に関することはこちら

東京労働局 労働基準部 安全課 機械担当

所在地
千代田区九段南1-2-1 九段第三合同庁舎13階
TEL
03-3512-1615
FAX
03-3512-1559

その他関連情報

情報配信サービス

〒102-8305 東京都千代田区九段南1-2-1

Copyright(c)2000-2017 Tokyo Labor Bureau.All rights reserved.