ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 雇用均等関係 > 法令・制度 > 雇用均等関係:在宅ワークの健全な発展のために

自営型テレワーク(在宅ワーク)の健全な発展のために

 
  自営型テレワーク在宅ワークの健全な発展のために
 
 
 パソコン等の情報通信機器の普及に伴い、これらを活用して個人が在宅形態で自営的に働く自営型テレワーク(在宅ワーク)が増加しています。
 しかし、一方で口頭による契約も多く、契約をめぐるトラブルの発生も少なくない状況にあります。こうした状況を踏まえ、自営型テレワークを安心して行うことができるようにするとともに、トラブルを未然に防止するため、自営型テレワークの仕事を注文する者が自営型テレワーカー(在宅ワーカー)と契約を締結する際に守るべき最低限のルールとして「自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン」の周知を図っています。
 
 ・ 自営型テレワークの適正な実施のためのガイドラインについて(厚生労働省ホームページ)
 ・ 自営型テレワークに関する総合支援サイト「HOME WORKERS WEB
 
 
このページのトップに戻る

徳島労働局 〒770-0851 徳島市徳島町城内6番地6 徳島地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Tokushima Labor Bureau.All rights reserved.