厚生労働省 静岡労働局

 

 

(写真提供:静岡県観光協会)

ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 労働局について > 労働基準部 > 労働基準部 健康安全課 > 第三次産業の労働災害防止対策について

第三次産業の労働災害防止対策について

 第三次産業における労働災害は、静岡県内では平成26年において1,524件発生しており、全産業の37%を占めています。その業種内訳は、災害の多い順に小売業415件(27.2%)、社会福祉施設214件(14.0%)及び飲食店105件(6.9%)と、これら3業種で第三次産業全体の5割弱を、全産業の2割弱を占めています。

 このような中、第三次産業(小売業、社会福祉施設、飲食店)については、平成25年度を初年度とし、平成29年度を最終年度とする静岡労働局第12次労働災害防止推進計画においても、労働災害発生の減少をめざす重点対象業種として次の数値目標と重点対策を定めています。

 

【目標】

 小売業       死傷者数を20%以上減少

 社会福祉施設  死傷者数を10%以上減少

 飲食店       死傷者数を25%以上減少

【重点対策】

 ○経営トップによる労働災害防止に対する明確な方針の表明

 ○雇入れ時の安全衛生教育の徹底、危険予知活動の実施の促進

 ○安全管理者・衛生管理者、安全衛生推進者等について、選任義務がある事業場における選任の徹底、義務がない事業場における

  安全衛生を担当する者の選任の促進

 ○小売業について、バックヤードの危険箇所の見える化等危険低減措置の実施

 ○介護施設について、腰痛防止対策指針に基づく措置の実施

 ○飲食店について、4Sの実施、食品加工機械対策の徹底

 

 整理整頓.png2014919121040.png

 

 

 第三次産業(小売業、社会福祉施設、飲食店)の労働災害防止対策について、各種マニュアル、パンフレット、リーフレットなどが厚生労働省ホームページに掲載されていますので御利用ください。

 

 

  厚生労働省ホームページへ

 

 【関連資料】

 食品加工用機械の労働安全衛生規則改正について 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 054-254-6314

このページのトップに戻る

労働基準部のページ.png 職業安定部のページ.png 雇用環境・均等室.png   静岡労働局メールマガジン

静岡労働局 〒420-8639 静岡市葵区追手町9番50号 静岡地方合同庁舎 3階、5階

Copyright(c)2000-2011 Shizuoka Labor Bureau.All rights reserved.