厚生労働省 静岡労働局

 

 

(写真提供:静岡県観光協会)

各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > トピックス >年次有給休暇の取得促進~ 「仕事休もっ化計画」

年次有給休暇の取得促進~「仕事休もっ化計画」

 
 会社のお休みに年次有給休暇を組み合わせて更なる長期休暇に!

 年末年始は連続休暇を取得しやすい時季の1つです。土日休日制で12月29日から1月3日までがお休みの企業の場合、今年の年末年始は9連休になります。新年は新しいことにチャレンジする機運が高まります。今年こそ、今年こそと考えていたことはありませんか。
年末年始の休みに年次有給休暇をプラスして、新しいことにチャレンジしてみませんか。


 

                          

   
 

 年次有給休暇とは

   年次有給休暇(以下「年休」という。)は、労働基準法で定められた従業員に与えられた権利です。労働基準法第39条において、従業員 は、
      ・6か月間継続して雇われていること
      ・全労働日の8割以上を出勤していること
 を満たしていれば、10日間の年休が付与され、申し出ることにより取得することができます(勤続年数、週所定労働日数等に応じて年休 の付与日数は異なります。)。


   「年次有給休暇の計画的付与制度」とは、年次有給休暇の付与日数のうち5日を除いた残りの日数について、労使協定を結べば、計画的に休暇取得日を割り振ることができる制度です。
  労働基準法が改正され、平成31年4月より、使用者は、法定の年次有給休暇付与日数が10日以上の全ての労働者に対し、毎年5日間、年次有給休暇を確実に取得させることが必要となりました。なお、下記の時間単位の年次有給休暇の取得分については、確実な取得が必要な5日間から差し引くことはできません。
 年次有給休暇の計画的付与制度を導入することは、年次有給休暇の取得を促進するとともに、労働基準法を遵守する観点からも重要となります。