建設業での死亡災害の撲滅を緊急要請

令和2年3


   令和2年の埼玉県内の建設業での労働災害による死亡者数は、2月末集計で4名となり、昨年の年間死亡者数10名の4割に達しました。
   埼玉第13次労働災害防止計画では、平成29年の死亡者数(13名)を半減させるという目標を掲げており、今後、死亡災害を発生させてはなりません。
    
   この4名の死亡災害の発生状況をみますと、①建設現場へ自動車で向かう途中、停車していたトラックに追突して死亡したもの、②外壁の塗装工事現場で、組立中の足場の建地材をつかんだところ、建地材が回転し墜落して死亡したもの、③外壁の塗装工事現場で、片手に単管を持って移動はしごを昇る途中、墜落して死亡したもの、④木造建築物解体工事現場で、解体用機械の旋回中の胴体に激突された反動で、機械の胴体とキャタピラの間に挟まれ死亡したもの、となっており、作業開始前にしっかりしたリスクアセスメントが行われていれば未然に防げたものがほとんどでありました。

   そこで、埼玉労働局、建設業労働災害防止協会埼玉県支部は、建設業での死亡災害の撲滅に向けて、安全衛生管理の基本事項について「建設業での死亡災害撲滅に向けての安全衛生管理自主点検表」を作成しましたので、自主点検によって問題点を自ら把握するとともに改善対策をとられるようお願いします。
  
   また、自主点検結果表については令和2年4月15日(水)までに下記により所属団体あてご提出いただきますようお願いいたします。
 
 
1 建設業での死亡災害撲滅に向けての安全衛生管理自主点検表 
2 自主点検結果表の提出方法
     提出先 建設業労働災害防止協会埼玉県支部
   ①FAXで送付(FAX番号 048-862-9764)
   ②電子メールで送付(メールアドレスkensaibou-saitama@jcom.home.ne.jp
 ③直接提出又は郵送(〒336-0031さいたま市南区鹿手袋4-1-7埼玉建産連会館)
 
※関係資料   「建設業の皆様へ 建設業での労働災害の撲滅を!」  
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒330-6016 さいたま市中央区新都心11-2 ランド・アクシス・タワー

Copyright(c)2000-2011 Saitama Labor Bureau.All rights reserved.