これであなたも面接名人

 

面接を受ける前には

  1. 志望する会社の事業内容やその製品等についての情報収集をしておく。
  2. 服装は「清潔でさわやかなイメージ」のものを選ぶ。
  3. 「忘れ物がないか」を十分チェック。(特に履歴書や職務経歴書等)
  4. 「時間厳守」は最低限のマナー。
 

面接の際には

  「はっきりした受け答え」を心がける。
自分がどういう形でその会社の役に立つと思うかをアピール。 現在は自分にできないことでも、これから新たに学んでいきたいという意欲を見せることも大切。
事前に調べておけばわかるような質問は避ける。
「もう歳ですから」といった消極的な言い方はせずに、自分の持っている制約は認めた上で、積極的な態度を示す。
面接が終わりかけているのに、自分から話を引き延ばそうとしたり、関係のない話で時間をとることは避ける。
面接の最後には「ありがとうございました。」と言うだけでなく、「ぜひともよろしくお願いします。」など、自分の意欲を感じさせる一言も大切。
 
よく「緊張したらどうしよう。」と心配する人もおられますが、人生の大きなポイントともいえる就職面接では、誰でも緊張してしまうものです。
あなた以外の面接を受けている人も緊張しているのです。
「緊張しているのは私だけでない。緊張して当たり前だ。」と思えば、少しは落ち着いてくるのではないでしょうか。

 
このページのトップに戻る
本気で考えて。労働保険  高年齢者雇用安定法等  バナー(HP 職業対策課)2案.png  人材サービス総合サイト
e-Gov  厚生労働省によるメールマガジン 厚労省人事労務マガジン    石綿関連疾患のご遺族の皆様へお願い
 大阪労働局

〒540-8527 大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館 8~9F

〒540-0028 大阪市中央区常盤町1-3-8中央大通FNビル9F/14F/17F/21F

Copyright(c)2000-2012 Osaka Labour Bureau.All rights reserved.