介護休業給付について

 
介護休業給付の基本的な流れ
 
介護休業開始(介護給付スタート)
最長3ヶ月(93日)又は3ヶ月(93日)までに介護休業終了
事業主からハローワークに受給資格確認申請と支給申請
(全期間分一括申請)
支給(不支給)決定し、支給決定通知書交付
支給決定日から約1週間後に指定金融機関に振り込み
 

1. 介護休業給付とは

  労働者が介護休業を取得しやすくし、その後の円滑な職場復帰を援助、促進することにより 職業生活の継続を支援する制度です。 
 

2. 介護休業給付の支給を受けることができる方。

 
  (1) 受給資格 
 
 ic_h5.gif

家族を介護するための休業を取得した雇用保険の一般被保険者または、高年齢被保険者であること。
 
 ic_h5.gif

介護休業を開始した日前2年間に、賃金支払い基礎日数が11日以上ある月(完全月)が12ヶ月以上あること。
(ただし、過去に基本手当の受給資格の決定を受けたことがある方については、基本手当の受給資格決定を受けた後のものに限ります。)
 
 ic_h5.gif


雇用契約期間に定めのある方は、休業開始時において以下のいずれにも該当していることが必要です。

同一事業主の下で1年以上雇用が継続していること。
 ※事業主の命令により一定期間出向していた(いる)期間があっても、

  同一事業主の下における雇用として通算される場合があります。

 

介護休業開始予定日から起算して93日を経過する日から6ヵ月を経過する日までに、その労働契約(労働契約が更新される場合にあっては、更新後のもの)が満了することが明らかでないこと。

 

(2) 支給要件
 
 ic_h5.gif

支給単位期間の初日から末日まで被保険者であること。
 
 ic_h5.gif

各支給単位期間において就労日数が10日以下であること。
* 「支給単位期間」とは、休業開始日から起算して1ヶ月毎の期間をいいます。
 
 ic_h5.gif

各支給単位期間において支払われた賃金がある場合は、休業開始日前に受けていた平均賃金と比べて80%未満の賃金であること。
 
3. 支給対象期間は
 
  (1)

(2)
1つの休業期間が3ヶ月を超える場合は、3ヶ月が限度。

複数回休業取得する場合は、3回を上限として、通算93日に達するまで。
 
4. 支給対象となる介護休業とは
 
  (1) 負傷、疾病又は身体上もしくは精神上の障害により、2週間にわたり常時介護を必要とする状態にある 家族を介護するための休業であること。
※ 必要とする状態にある家族とは、被保険者の「配偶者」「父母」「子」「配偶者の父母」「祖父母」「兄弟姉妹」「孫」。
 
(2)

被保険者が、その期間の初日及び末日とする日を明らかにして事業主に申し出を行い、これによって 被保険者が実際に取得した休業であること。 
 
5. 支給額は
  原則として、休業開始前に受けていた平均賃金の67%となります。

1. 休業期間中に賃金が支払われない場合

 * 支給単位期間が1ヶ月ある場合(最後の支給単位期間を除く)
  休業開始時賃金月額(賃金日額×30)×0.67  ・・・ A
 * 最後の支給単位期間(職場復帰)の場合
  休業開始時賃金日額×0.67×休業日数(暦日数)  ・・・ B

 A+Bが一括支給されます。

 

 

2. 介護休業中に賃金を受けている場合
 

 

 
支払われた
賃金が
休業開始時
賃金月額の
→
13%以下
    休業開始時の賃金日額×支給日数の67%
 
13%超~
80%未満
  実際に受けた賃金額+給付金が、休業開始時賃金月額の80%に達するまで。
 
80%以上
  支給されません。

 

休業開始時賃金月額には上限額があり、令和元年8月1日現在500,100円です。(毎年8月に見直しがあります)

 

 

6. 申請書類の提出等について

 
 
提出者

 原則として事業主

提出書類
ic_h5.gif  「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書」
ic_h5.gif  「介護休業給付金支給申請書」
添付書類

  

 

 ic_h5.gif「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書」の記載内容が

  確認できる書類 (賃金台帳や出勤簿・タイムカードなど)

 

 ic_h5.gif介護休業の開始日・終了日、介護休業期間中の休業日数の実績が

 確認できる書類(出勤簿・タイムカードなど)

 

 ic_h5.gif介護休業期間中に介護休業期間を対象として支払われた賃金が

 確認できる書類(賃金台帳など)

   ic_h5.gif被保険者が事業主に提出した介護休業申出書
 

 ic_h5.gif介護対象家族の方の氏名、申請書本人との続柄、性別、生年月日等が

 確認できる書類(住民票記載事項証明書など)

 

 ic_h5.gif振込先金融機関の通帳の写(介護休業給付金支給申請書の金融機関に

 よる確認印欄に金融機関の押印をもらっていない場合のみ)

提出先 事業所の所在地を管轄するハローワーク(公共職業安定所)
※本手続は電子申請による申請可能です。
提出時期  介護休業終了日(介護休業期間が3ヶ月以上にわたるときは介護休業開始日から3ヶ月経過した日)の翌日から起算して2ヶ月を経過する日の属する月の末日まで。
※支給決定された介護休業給付金は、約1週間後にご本人名義の金融機関口座に振り込まれます。




 
詳細については
最寄りのハローワーク(公共職業安定所) もしくは
大阪労働局職業安定部 雇用保険課 
電話 : 06-4790-6321
までお問い合わせ下さい。

 
このページのトップに戻る
本気で考えて。労働保険  高年齢者雇用安定法等  バナー(HP 職業対策課)2案.png  人材サービス総合サイト
e-Gov  厚生労働省によるメールマガジン 厚労省人事労務マガジン    石綿関連疾患のご遺族の皆様へお願い
 大阪労働局

〒540-8527 大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館 8~9F

〒540-0028 大阪市中央区常盤町1-3-8中央大通FNビル9F/14F/17F/21F

Copyright(c)2000-2012 Osaka Labour Bureau.All rights reserved.