育児休業給付について

  

 
育児休業給付の基本的な流れ
 
出  産
産後8週間(女性のみ)
育児休業開始(育児休業給付スタート)

事業主からハローワークに受給資格確認申請と
初回の給付金の支給申請

(休業開始日から4ヵ月を経過する日の属する月の末日まで)

支給決定通知書交付及び次回支給申請書交付
支給決定日から約1週間後に指定金融機関に振り込み
以後原則、2ヶ月毎に支給申請書を提出
職場復帰・1歳の誕生日の前々日
(パパ・ママ育休プラス制度対象者は1歳2ヶ月に達する日の前日、
延長した場合は1歳6ヶ月に達する日の前日、または2歳の誕生日の前々日)
到達又は退職
支給決定通知書を交付し、支給終了
 

1. 育児休業給付金とは

  労働者が育児休業を取得しやすくし、その後の職場復帰を援助、促進することにより、 職業生活の継続を支援する制度で、
満1歳未満の子どもを養育するため育児休業を取得した場合に、育児休業期間中の各支給単位期間(休業開始日から起算して1か月ごとの期間をいいます。)について支給されます。
 

2. 育児休業給付の支給を受けることができる方

  (1) 受給資格 
 
 ic_h5.gif

満1歳未満の子を養育するために育児休業を取得した、雇用保険の一般被保険者
または、高年齢被保険者であること。
 
 ic_h5.gif

育児休業を開始した日前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある月(完全月)が12ヶ月以上 あること。

(令和2年8月1日以降に育児休業を開始した方は、育児休業を開始した日前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある月(完全月)又は賃金支払基礎時間数が80時間以上ある月(完全月)が12ヶ月以上あること。)

※ただし、過去に基本手当の受給資格の決定を受けたことがある方については、基本手当の受給資格決定を受けた後のものに限ります。
 
 ic_h5.gif

雇用契約期間に定めのある方は、休業開始時において以下のいずれにも該当していることが必要となります。
・同一の事業主のもとで、1年以上雇用が継続していること。
(※ 事業主の命令により一定期間出向していた(いる)期間があっても、同一事業主の下における雇用として通算される場合があります。)
・子が1歳6ヵ月(または、2歳)までの間に、その労働契約(労働契約が更新される場合にあっては、更新後のもの)が満了することが明らかでないこと。





(2) 支給要件
 
 ic_h5.gif

支給単位期間の初日から末日まで被保険者であること。
(ただし、支給単位期間に休業終了日が含まれる場合(例えば、1か月未満の休業の場合等)は、全日休業が1日でもあれば支給できます。)
 
 ic_h5.gif

各支給単位期間において就労日数が10日(10日を超える場合にあっては、就業している時間が80時間以下)以下であること。
「支給単位期間」とは、休業開始日から起算して1ヶ月毎の期間をいいます。
各支給単位期間において支払われた賃金がある場合は、休業開始前に受けていた平均賃金と比べて80%未満の賃金であること。(4の2参考)
 
3. 支給期間は
  産後休業(8週間)明けの日から最長お子さんの1歳の誕生日の前々日(パパ・ママ育休プラス制度対象者は1歳2ヶ月に達する日の前日)まで(男性の場合は出産日以降が対象となります)。
ただし、1歳到達(パパ・ママ育休プラス制度対象者は1歳2ヶ月到達まで)の時点で以下のいずれかの理由がある場合は、最大1歳6ヶ月に達する日の前日まで延長することができます。
   
 (1)

1歳の誕生日において保育所における保育を希望しているのに入所できない場合。
(ここでいう保育所は、「無認可保育所」は含まれません。)
   
 (2)


1歳以後に子を養育予定していた配偶者が以下のいずれかに該当した場合

 1. 死亡したとき。
 2. 負傷、疾病等により子を養育することが困難となったとき。
 3. 婚姻の解消等の事由により子と同居しなくなったとき。
 4. 6週間以内に出産する予定か産後8週間を経過しないとき。
 

さらに、平成29年10月1日より以下のいずれかの理由がある場合は、2歳の誕生日の前々日まで延長することができます。 

 (3) 1歳6ヶ月に達する日の翌日において保育所における保育を希望してるのに入所できない場合。
    (ここでいう保育所は、「無認可保育所」は含まれません。)

   (4) 1歳6ヶ月に達する日後に子を養育予定していた配偶者が以下のいずれかに該当した場合。

     1.死亡したとき。
     2.負傷、疾病等により子を養育することが困難となったとき。
     3.婚姻の解消等の事由により子と同居しなくなったとき。
     4.6週間以内に出産する予定か産後8週間を経過しないとき。 

育児休業(基本)給付金の支給を受けた期間については、基本手当の算定基礎期間(※)から除外されます。
(※) 基本手当(失業給付)の給付日数を決定する上で算定される被保険者であった期間のこと


 

  4. 支給額は
  
  育児休業給付金  
   

ic_h5.gif 1. 休業期間中に賃金が支払われない場合
* 支給単位期間が1ヶ月ある場合(最後の支給単位期間を除く)

  休業開始時賃金月額(賃金日額×30)×0.67※)
* 最後の支給単位期間(職場復帰)の場合
  休業開始時賃金日額×0.5※)×休業日数(暦日数)
   休業開始時賃金月額には上限額があり、令和3年8月1日現在450,600円です。(毎年8月に見直しがあります)

ic_h5.gif 2. 育児休業中に賃金を受けている場合
 
 
支払われた
賃金が休業開始時
賃金月額の・・・
→
13%(30%)以下
    休業開始時の賃金日額×支給日数の67%(50%)(※) 
 
13%(30%)超~80%未満
  実際に受けた賃金額+給付金が、休業開始時賃金月額の80%に達するまで。
 
80%以上
 

支給されません。 

 

(※)給付率について、平成26年4月1日以降に開始された育児休業については、
支給日数が180日達するまで67%となります。(181日以降は50%)

 

   
 5. パパ・ママ育休プラス制度について
  育児休業を取得した際、パパ・ママ育休プラス制度の要件を満たすと、子供が1歳2ヶ月に達する日の前日までの間に最大1年まで育児休業給付金が支給されます。
 
パパ・ママ育休プラス制度の要件(全ての要件を満たす必要があります)
(1) 育児休業開始日が、1歳に達する日の翌日以前である場合。
(2) 育児休業開始日が、配偶者が取得している育児休業期間の初日以後である場合。
(3) 配偶者が子供の1歳に達する日以前に育児休業を取得していること。

※ 父の休業の場合は、育児休業給付金を受給できる期間の上限は1年間。母の休業の場合は、出産日+産後休業期間+育児休業給付金を受給できる期間=1年間となります。

 

6. 育児休業給付の受給資格確認手続き

 
 
提出者 原則として事業主
提出書類
ic_h5.gif  「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書」
ic_h5.gif  「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」
添付書類
   ic_h5.gif  「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書」の記載内容が確認できる書類(賃金台帳や出勤簿・タイムカードなど)
 
   ic_h5.gif  育児休業期間中の休業日数の実績が確認できる書類   
  (出勤簿・タイムカードなど) 
 
   ic_h5.gif  育児休業期間中に育児休業期間を対象として支払われた賃金が確認できる書類(賃金台帳など)
 
   ic_h5.gif  育児休業の事実が確認できる書類(母子健康手帳の市区町村の出生届にかかる頁(写)又は、住民記載事項証明(写)など)
 

 ic_h5.gif 

振込先金融機関の通帳の写

  

※必要に応じて、育児休業申出書、雇用実績及び休業終了後の雇用継続見込みを確認する書類などを求めることもあります。

  ※パパ・ママ育休プラス制度として申請される方は、上記書類に追加して、
・世帯全員について記載された住民票の写し等支給対象者の配偶者であることを確認できる書類
・配偶者が育児休業を取得していると確認できる書類など配偶者の雇用保険被保険者番号がわかる場合は、省略できますが必要となります。
 
 

 

 
 
提出先
事業所の所在地を管轄するハローワーク(公共職業安定所)
※本手続は電子申請による申請可能です。


提出時期
支給対象期間の初日から4ヶ月に到達した日の属する月の末日
※ 支給決定された育児休業給付金は、約1週間後にご本人名義の金融機関口座に振り込まれます。

 

7. 育児休業給付の支給申請手続き

 
提出者 原則として事業主
提出書類
ic_h5.gif  「育児休業給付金支給申請書」


※  1歳誕生日の前々日を超えて1歳6ヶ月に達する日の前日までの期間延長申請を
行う場合は、1歳誕生日の前々日(最終の支給単位期間)を含む期間の支給申請時
または1つ前の支給申請時に、前記3に示した延長事由を証明する資料もあわせて
提出してください。

さらに、1歳6ヶ月に達する日の前日を超えて2歳誕生日の前々日までの期間延長申
請を行う場合は、1歳6ヵ月に達する日の前日(最終の支給単位期間)を含む期間の
支給申請時または1つ前の支給申請時に、前記3に示した延長事由を証明する資料も
併せて提出してください。

添付書類
ic_h5.gif  育児休業期間中の休業日数の実績が確認できる書類
  (出勤簿・タイムカードなど)
 
ic_h5.gif  育児休業期間中に育児休業期間を対象として支払われた賃金が確認できる書類
  (賃金台帳など)
 
  ※パパ・ママ育休プラス制度として申請される方は、上記書類に追加して、
 ・世帯全員について記載された住民票の写し等支給対象者の配偶者であることを確認できる書類
 ・配偶者が育児休業を取得していると確認できる書類など(配偶者の雇用保険被保険者番号がわかる場合は、省略できます)が必要となります。
提出先 事業所の所在地を管轄するハローワーク(公共職業安定所)
※本手続は電子申請による申請可能です。
提出時期 支給対象期間の初日から4ヶ月に到達した日の属する月の末日まで
※支給決定された育児休業給付金は、約1週間後にご本人名義の金融機関口座に振り込まれます。
 
詳細については
最寄りのハローワーク(公共職業安定所) もしくは
大阪労働局職業安定部 雇用保険課 
電話 : 06-4790-6321
までお問い合わせ下さい。

その他関連情報

情報配信サービス

〒540-8527 大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館 8~9F
〒540-0028 大阪市中央区常盤町1-3-8中央大通FNビル9F/14F/17F/21F

Copyright(c)2000-2012 Osaka Labour Bureau.All rights reserved.