剥離剤による中毒が多発しています!

  橋梁等の塗料を剥がす作業や石綿を含有する建築用仕上塗材を除去する作業において、様々な剥離剤が使用されていますが、剥離剤に含まれる化学物質への引火による火災や、吸入による中毒事案が頻発している状況にあり、原因物質の中には、特定化学物質障害予防規則、有機溶剤中毒予防規則などの法令による規制の対象となっている物質以外の物質も含まれています。
  このため、剥離剤を使用する作業において発生した労働災害の事例、剥離剤に含まれる化学物質の危険有害性、剥離剤を使用する作業において講ずべき措置などについてとりまとめましたので、法令で規制されているか否かにかかわらず、化学物質の危険有害性を踏まえた適正な使用についてご注意いただくとともに、適切な対策を講じるようにしましょう。






リーフレットはこちら

令和2年8月17日付け基安化発0817第1号(一部改正 令和2年10月19日付け基安化発1019第1号)「剥離剤を使用した塗料の剥離作業における労働災害防止について」

【この記事のお問い合わせ先】 岡山労働局労働基準部健康安全課 086-225-2013
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒700-8611 岡山市北区下石井1丁目4番1号岡山第2合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Okayama Labor Bureau.All rights reserved.