石綿ばく露防止に係る新たな規則に関する説明会を開催します!

 石綿は平成18年(2006年)9月から輸入、製造、使用などが禁止(罰則あり)されていますが、それより以前に着工した建築物・工作物・船舶は石綿が使用されている可能性が高く、解体工事・改修工事で飛散した石綿の粉じんを吸い込むと、肺がんや中皮腫を発症するおそれがあり、適切な対策の実施が必要です。
 令和3年4月1日以降、石綿障害予防規則が改正され、建築物・工作物・船舶の解体工事、リフォーム・修繕などの改修工事に対する石綿対策の規制が順次強化されます。
 改正内容は、建築物の事前調査について、厚生労働大臣が定める講習を修了した者等に行わせることが義務化(令和5年10月~)、石綿が含まれている保温材等の除去等工事の計画は14 日前までに労働基準監督署に届け出ることの義務化(令和3年4月~)、一定規模以上の建築物や特定の工作物の解体・改修工事は、事前調査の結果等を電子システムで届け出ることが義務化(令和4年4月~)など、多岐にわたっています。


〔説明会の内容〕
  石綿ばく露防止に関する改正規則について
  石綿の作業環境管理、作業管理について
  石綿による健康障害について



 
 参加申し込みは、次の申し込みでFAXにて申し込みください。
 申込書はコチラから

  定員になり次第締め切らせていただきますので、ご了承ください。

【この記事のお問い合わせ先】
  岡山労働局労働基準部健康安全課 086-225-2013


 

その他関連情報

情報配信サービス

〒700-8611 岡山市北区下石井1丁目4番1号岡山第2合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Okayama Labor Bureau.All rights reserved.