STOP!熱中症 クールワークキャンペーン(更新)

PDF(1454KB) PDF(834KB)


-職場における熱中症予防対策について-
◎令和元年度の全国の職場における休業4日以上の死傷者数は829人(県内18人)、うち死亡者数は25人(県内2人)でした〔確定値〕。
◎業種別には、全国では、死傷者数において製造業が建設業を上回った特徴がありました。
◎岡山県では、運輸交通業、商業がそれぞれ4人、製造業が3人、建設業が2人などという内訳でした。
◎平成23年以降発生していなかった死亡者が2名となり熱中症による重篤な災害増加が懸念されるところです。
◎熱中症による災害発生状況を見ると、WBGT値(暑さ指数)を実測せず、WBGT基準値に応じた措置が講じられていなかった事例、被災者の救急搬送が遅れた事例、事業場における健康管理が適切に実施されていなかった事例等が散見され、職場における熱中症対策がまだ十分に浸透していなかったと考えられます。
◎令和2年度も引き続き、STOP!熱中症 クールワークキャンペーン(実施期間:令和2年5月から9月)を実施します。

  本キャンペーンは職場における熱中症予防対策の浸透を図るとともに、重篤な災害を防ぐために、事業場におけるWBGT値の把握や緊急時の連絡体制の整備等を特に重点的に実施し、改めて職場における熱中症予防対策の徹底を図ることを目的としています。


 
〔参考〕
 
 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント(厚生労働省)
 マスク着用者の熱中症災害事例
 STOP!熱中症 クールキャンペーン(厚生労働省)
  熱中症関連情報(厚生労働省)
 職場における熱中症予防に関する講習会(申込先) 
 令和元年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確定値)~全国~
  『令和2年「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」実施要項』(令和元年3月25日制定 令和2年6月22日改正)
 『職場における熱中症予防について』(平成21年6月19日付け基発0619001号(令和2年5月27日 改正))

〔リーフレット〕
 STOP!熱中症 クールワークキャンペーン(pdf1445kb)
 熱中症予防に留意した「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法(pdf834kb)
 マスク着用による 熱中症の災害(pdf125kb)
 職場の熱中症予防対策は万全ですか(pdf975kb)
 

【この記事のお問い合わせ先】
 岡山労働局労働基準部健康安全課 086-225-2013

 
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒700-8611 岡山市北区下石井1丁目4番1号岡山第2合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Okayama Labor Bureau.All rights reserved.