石綿(アスベスト)健康被害救済のための「一般拠出金」の申告・納付について

 2007年(平成19年)4月1日から、石綿(アスベスト)健康被害救済のための「一般拠出金」の申告・納付が始まっています。
 「一般拠出金」とは、「石綿による健康被害の救済に関する法律」により、石綿(アスベスト)健康被害者の救済費用に充てるため、事業主のみなさまにご負担いただくものです。

1 対象 労災保険適用事業場の全事業主が対象です

 アスベストは、全ての産業において、その基盤となる施設、設備、機材等に幅広く使用されてきました。このため、健康被害者の救済にあたっては、アスベストの製造販売等を行ってきた事業主のみならず、すべての労災保険適用事業場の事業主に一般拠出金をご負担いただくこととしています。
注意‥特別加入者や雇用保険のみ適用の事業主は申告・納付の対象外です。

2 納付方法 労働保険料と併せて申告・納付します

( 納付時期 )
・ 労働保険の年度更新手続時
・ 事業終了(廃止)時

労働保険の確定保険料の申告・納付に併せて申告・納付します。

注意 一般拠出金には概算保険料の仕組みはなく、確定納付のみの手続きとなります。
延納(分割納付)はできません。
3 料率 一般拠出金率は、1000分の0.05です

 業種を問わず、料率は一律1000分の0.05です。メリット対象事業場についても一般拠出金率にはメリット料率の適用(割増、割引)はありません。

4 有期事業
平成19年4月1日以降に開始した事業(工事)の分を申告・納付します

・ 単独有期事業‥事業(工事)終了時に、労働保険の確定保険料と併せて申告・納付します。
・ 一括有期事業‥平成22年度の年度更新(平成21年度確定保険料)は平成19年4月1日以降に事業(工事)を開始し、平成21年4月1日から平成22年3月31日までに終了した事業(工事)が対象となります。

石綿健康被害救済法に基づく一般拠出金の徴収制度について

 

このページのトップに戻る
2017922135349.png無題.pngninteikigyou.pngバナー.jpg新卒・既卒者対策 個別労働紛争解決制度

岡山労働局 〒700-8611 岡山市北区下石井1丁目4番1号岡山第2合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Okayama Labor Bureau.All rights reserved.