「令和2年7月豪雨による被害にかかる特別労働相談窓口」を開設します

 令和2年7月3日からの豪雨により、日田市・由布市・玖珠郡九重町・玖珠郡玖珠町に災害救助法が適用されました。当該豪雨による事業活動への影響は、被災地のみならず、被災地以外に所在する事業場においても、鉄道や道路等の途絶から原材料、製品等の流通に支障が生じることも懸念されている状況にあります。
 このため、大分労働局(局長:坂田善廣)では、以下のとおり雇用環境・均等室及び日田労働基準監督署に「令和2年7月豪雨による被害にかかる特別労働相談窓口」を開設し、事業主や労働者からのさまざまな労働相談(解雇、休業等)に対応することといたします。
また、「(令和2年(2020年)7月豪雨による被害に伴う労働基準法・労働契約法に関するQ&A)」を掲載していますのでご覧下さい。
 
(令和2年(2020年)7月豪雨による被害に伴う労働基準法・労働契約法に関するQ&A)(厚生労働省HPリンク)


その他関連情報

情報配信サービス

〒870-0037 大分市東春日町17番20号大分第2ソフィアプラザビル

Copyright(c)2000-2011 Oita Labor Bureau.All rights reserved.