特定労働者派遣事業の経過措置終了について

  労働者派遣事業は許可制に一本化されました

 

 労働者派遣法の改正(平成27年9月30日施行)により、特定労働者派遣事業(届出制)と一般労働者派遣事業(許可制)の区別は廃止され、すべての労働者派遣事業は許可制となりました。

  経過措置により営むことができた特定労働者派遣事業については、平成30年9月29日をもって終了となりました。
  ただし、平成30年9月29日までに労働者派遣事業の許可申請がされた場合は、その申請に係る許可又は不許可の決定がある日までの間は、引き続き特定労働者派遣事業を行うことができます。
  平成30年9月30日以降派遣労働者を受け入れる事業主の皆様は、派遣元事業主が許可を取得しているか、又は、許可申請中であるかを必ず確認してください。

 

 

 

厚労省人事労務マガジン中小企業を経営されている方へこころの耳長野県最低賃金ポルトガル語労働相談労働者派遣法改正 

第12次労働災害防止推進計画労災レセプト電算処理システム確かめよう労働条件労働条件相談ほっとライン女性にやさしい職場づくりナビ

    

長野労働局 〒380-8572  長野市中御所1-22-1

                             Copyright© Nagano Labor Bureau.All rights reserved.