New_ホーム > 4_労働局について > 422_職員採用情報(厚生労働事務官)

roudoupan.png

 

 

 

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

職員採用情報(厚生労働事務官)

 

1.厚生労働事務官(労働局採用)とは

都道府県労働局、労働基準監督署、ハローワークが担う労働行政関係業務は、働く人のための、仕事の確保(職業安定行政)、労働環境の整備(労働基準行政)、職業能力の向上(職業能力開発行政)、雇用機会の均等確保(雇用均等行政)の4つに大別することができます。

労働局採用の厚生労働事務官は、これらの労働行政関係業務を総合的に担当する厚生労働省の職員です。

 

2.厚生労働事務官(労働局採用)の職務 ※下線部は変更点(31年度入省者より適用)

厚生労働事務官(労働局採用)の職務は、ハローワーク・労働局の各業務に従事することを基本とする「共通採用系」と、労働基準監督署・労働局の労災保険・徴収・庶務等の業務に従事することを基本とする「基準系」の2系統に分けられます。

 

(1)共通採用系 

 〔職業安定関係業務〕

ハローワークにおいて、求職者の方に対して、雇用保険の給付を行いながら、職業相談・職業紹介を行い、その仕事探しを支援します。障害者の方などに対する支援は特に専門性が求められます。就職に関するセミナーや講習会を開催することもあります。

事業主に対しては、雇用保険関係の届出の受理、求人募集・労働者の雇用の仕方や障害者の法定雇用率の達成などに関する指導・援助を行います。会計などの庶務業務などの仕事もあります。

労働局においてはこれらのハロ-ワークの業務に対する指導のほか、雇用対策関係の各種事業、民間紹介会社や派遣会社への指導監督、事業主への助成金の支給などを行います。

 

〔職業能力開発関係業務〕

労働者に対する職業訓練自体は、各種の訓練機関が担当していますので、ハローワークにおいては仕事を探す人に対してその人に合った訓練コースの受講をあっせんします。労働局においてはどんな訓練コースを設けることが効果的かなどについて訓練機関との間で調整する業務などを行います。 

 

(2)基準系 

〔労働基準関係業務(労災保険・庶務など)〕 

労働基準監督署及び労働局において、職場の事故などにより労働災害を受けた労働者の方に対して、労災保険の給付を行います。給付に当たっては医師等の助言を得ながら専門的な審査を行います。

また労働基準監督署における会計などの庶務業務などの仕事もあります。

 

〔労働保険適用徴収関係業務〕  

事業主が納付する労働保険料の受理(徴収)の業務を行います。

 

(3)共通採用系と基準系に共通の業務  

〔雇用均等関係業務〕

雇用分野において男女差別のないようにすること、女性が職場で活躍できるようにすること、労働者が育児・介護休業をとりやすくすること、などを目指して、事業主に対する指導や労働者からの相談に応じます。

 

〔企画立案・庶務等の業務〕

企業において労働者が働きやすく働きがいをもてる職場作りが進むにはどうしたらよいか考えてそのための各種事業を企画立案し実行します。特に現在は長時間労働の是正や非正規雇用労働者の処遇改善などの職場における「働き方改革」の推進を進めています。具体的には、例えば、ホームページの作成・メルマガの発信・パンフレットやポスターの作成、マスコミなどを使った広報活動、キャンペーン、関係機関との会議・セミナ-・相談会の開催、事業所訪問指導などがその内容です。

そのほか統計などの集計や分析、労働局における会計・人事などの庶務業務などの仕事があります。

 

3.厚生労働事務官(労働局採用)の採用

厚生労働事務官(労働局採用)は、毎年実施される「国家公務員採用試験(一般職)」の合格者から、各労働局によって採用されます。詳しくは下記のリンク先をご覧ください。 

 

(2)労働局業務説明会等

A 大卒者向け業務説明会

採用試験の前年度の後半以降、人事院・労働局・各学校等主催で数次にわたって業務説明会が開催されます。

平成30年3月7日(水)に『東北OPENゼミ』を開催します! 

B 高卒者向け業務説明

国家公務員試験(一般職・事務・東北)の1次合格者に対し、各労働局において随時実施します。

詳しくは各労働局総務課人事係にお問い合わせ下さい。

 (平成29年度分は終了しました)

 

(3)労働局による採用面接

A 大卒者採用面接

(平成29年度分は終了しました)

B 高卒者採用面接

国家公務員試験(一般職・事務・東北)の最終合格者に対し、各労働局において実施します。

詳しくは各労働局総務課人事係にお問い合わせ下さい。

  (平成29年度分は終了しました)

 

4.採用後の処遇  ※下線部は変更点(31年度入省者より適用)

〔採用〕

・各労働局ごとに採用されます。

「共通採用系」と「基準系」の系統ごとに採用されます。 

 

〔採用後の勤務地〕

・基本的に、採用された労働局の組織(=労働局又はその労働局管轄下のハローワーク、

 労働基準監督署)で勤務します。

(注:例えば仙台市内に住居がある場合は、ハローワーク気仙沼以外は通勤が可能です)

ただし、採用後5~6年目の2年間に、東北ブロック内の他の労働局の組織で勤務します。

(他局勤務が4年間→2年間に短縮されました) 

・本人の希望などにより、他のブロックの労働局や本省へ異動することもあります。

 

〔昇進〕

ハローワーク所長、労働局幹部に昇進する途が開かれています。

 

〔研修〕

採用後は、宮城労働局による東北ブロック合同新規採用職員研修、労働大学校(埼玉県朝霞市)における基礎研修のほか、勤務先の労働局の各部署・ハローワーク・労働基準監督署における実地研修などの新任研修が行われます。

 

 

 

 
 
●東北ブロック各労働局の採用情報

 

【宮城労働局における採用窓口】

・宮城労働局(総務課人事係)TEL 022-299-8833 

 

宮城労働局 〒983-8585 仙台市宮城野区鉄砲町1番地 仙台第4合同庁舎

Copyright(c)2000-   Miyagi Labor Bureau.All rights reserved.