働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース、勤務間インターバル導入コース)の受付停止について


 厚生労働省では、労働時間の縮減や年次有給休暇の促進に向けた環境整備や、勤務間インターバル制度の導入に取り組む中小企業事業主の皆さまを支援すべく、働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース、勤務間インターバル導入コース)を設けてきたところです。
 この度、上記の2コースについては、多数の申請がありましたので、本年度の新規の交付申請の受付については令和2年10月15日をもって終了させていただきましたので、その旨ご案内いたします(郵送でいただいた申請については、10月15日までの消印があるものを有効として受理いたします。)。

 事業主の皆さま方には大変御迷惑をお掛けいたしますが、本助成金は予算事業のため、交付要綱において予算の範囲内での助成金を交付すること及び予算を超過するおそれがある場合は交付決定しないこととされていたところ、予算状況からやむなく早期の受付終了とさせていただいたものですので、この点御理解いただきますようよろしくお願いいたします。

 
 なお、働き方改革推進支援助成金のうち、職場意識改善特例コース(交付申請期限令和3年1月4日)及び団体推進コース(交付申請期限令和2年11月30日)の両コースについては、10月16日以降も交付申請の新規受付を継続しますが、いずれのコースも予算の範囲内での助成金を交付すること及び予算を超過するおそれがある場合は交付決定しないこととされていますので、申請をご検討の方は早めにご申請いただくようお願いいたします。
 

問い合わせ

この記事に関する問合せ
 

京都労働局 雇用環境・均等室 

電話
075-241-3212

その他関連情報

情報配信サービス

〒604-0846 京都市中京区両替町通御池上ル金吹町451

Copyright(c)2000-2011 Kyoto Labor Bureau.All rights reserved.