ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 各種助成金制度 > 法令・制度 > 事業主の方への各種助成金のご案内 > 業務改善助成金の拡充について~京都府内の事業者も30円・40円コースの対象となります~

業務改善助成金の拡充について~京都府内の事業者も30円・40円コースの対象となります~

HP2.png

 

 

業務改善助成金とは?

業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。
生産性向上のための設備投資やサービスの利用などを行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成します。

 

支給対象者

事業場内最低賃金が1,000円未満の中小企業・小規模事業者。

※引き上げる賃金額により、支給対象者が異なりますのでご注意ください。

 

支給までの流れ

 HP1.png

 

助成額の一覧

申請コースごとに定める引上げ額以上、事業場内最低賃金を引き上げた場合、生産性向上のための設備投資等にかかった費用に助成率を乗じて算出した額を助成します(千円未満端数切り捨て)。
なお、申請コースごとに、助成対象事業場、引上げ額、助成率、助成の上限額が定められていますので、ご注意ください。

 

 HP3.png

HP4.png  

※1

平成29年度補正予算(案)に基づく措置として、全てのコースにおいて助成対象事業場が「1000円未満の事業場」に拡充されました。

 

 

助成金の対象用途

生産性向上のための設備・機器の導入に加え、教育訓練や経営コンサルティングなどのサービスの利用も対象となります。

POSレジシステム導入による在庫管理の短縮
・ リフト付き特殊車両の導入による送迎時間の短縮
・ 顧客・在庫・帳票管理システムの導入による業務の効率化
・ 専門家による業務フロー見直しによる顧客回転率の向上
・ 人材育成・教育訓練による業務の効率化

 HP5.jpg

 

様式・リンク集

◆詳細は「業務改善助成金特設サイト」(厚生労働省HPリンク)をご確認ください。

◆申請様式等はこちら(厚生労働省HP)をご確認ください。なお、助成金を申請する場合は、助成金のルール等を定めた交付要綱と交付要領をよくご確認いただくようお願いします。

◆平成29年度補正予算により、30円コース・40円コースの助成対象事業場を全国に拡大します。詳細はこちらをご確認ください。平成29年度補正予算による拡充部分についての支給は、同補正予算の成立が前提となりますのでご留意ください。

 

 

 

 

お問い合わせ先

雇用環境・均等室  TEL:075-241-3212 

btn_pagetop.gif

京都労働局 〒604-0846 京都市中京区両替町通御池上ル金吹町451

Copyright(c)2000-2011 Kyoto Labor Bureau.All rights reserved.