令和2年度全国労働衛生週間準備説明会コーナー

  主催 高知労働基準協会
   高知産業保健総合支援センター
後援 高知労働基準監督署

高知労働基準監督署長あいさつ

 平素は、労働基準行政の推進に対し御理解、御協力をいただきまして厚く御礼申し上げます。
 さて、全国労働衛生週間は、労働者の健康管理や職場環境の改善など、労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保すること等を目的に昭和25年から毎年実施しているもので、今年で71回目になります。
 本年度は、

「みなおして 職場の環境 からだの健康」


をスローガンに、毎年9月1日から30日までを準備期間、10月1日から7日までを本週間として全国一斉に実施されますが、高知労働基準監督署管内で実施予定の各地区準備説明会は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策の影響により、中止決定がなされております。そのため、本年度は各地区準備説明会を通じて、事業場の皆様が本週間及び準備期間中に実施していただく際に参考となる事項等について、御説明等ができない状況となっていることから、この度、高知労働局のホームページ(労働基準監督署からのお知らせ)において「令和2年度全国労働衛生週間準備説明会コーナー」を開設いたしました。
 同コーナーでは、本週間の実施要綱のほか、労働関係法令の改正状況(「溶接ヒューム」等が労働者に神経障害等の健康障害を及ぼす恐れがあるとして新たに特定化学物質障害予防規則の規制対象とされたこと、本年4月から時間外労働の上限規制が一部適用猶予・除外となる事業・業務を除き全面適用されたこと、パワーハラスメント防止対策の義務化等)、労働災害発生状況、高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン(エイジフレンドリーガイドライン)等の資料を掲載しております。
 心身が健康であることは働く上での基本的事項ですので、皆様におかれましては、前記コーナー内の資料も参考としていただき、本年度のスローガンを踏まえ、職場の環境とからだの健康のみなおしに努められますようお願い申し上げます。
 また、本年度の各種取組につきましては、「職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト」や、政府が公表しております「新しい生活様式」等も参考としていただき、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に十分配慮した上で実施していただきますよう、併せてお願い申し上げます。

高知労働基準監督署からのお知らせ

1.全国労働衛生週間実施要綱について

~本年度のスローガンは「みなおして 職場の環境 からだの健康」~

 全国労働衛生週間は、労働者の健康管理や職場環境の改善など、労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保することなどを目的に昭和25年から毎年実施しているもので、今年で71回目になります。毎年10月1日から7日までを本週間、9月1日から30日までを準備期間とし、各職場で職場巡視やスローガン掲示、労働衛生に関する講習会・見学会の開催など、さまざまな取組を事業者及び労働者の皆様にお願いしているところです。
 なお、本年度については、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、いわゆる「3つの密」(1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、2.密集空間(多くの人が密集している)、3.密接空間(お互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる))を避けることを徹底しつつ、各事業場の労使協力のもと、全国労働衛生週間の取組を実施いただきますよう、重ねてお願いします。

令和2年度全国労働衛生週間実施要綱[PDF形式:1.95MB]

2.労働災害発生状況について

高知労働基準監督署管内の労働災害の発生状況は
(1) 高知県内の死亡者数は、令和2年7月末現在2人で、前年同期と比較し6人減少しています。
  高知署管内では、本年(令和2年7月末現在)は発生していません。
(2) 高知県内の死傷者数(休業4日以上)は、483人(令和2年7月末現在)で前年同期と比較し17人増加しています。
  高知署管内では299人(令和2年7月末現在)で前年同期と比較し13人増加しています。
  業種別にみていくと、製造業6人減少、建設業3人減少、運輸業9人増加、林業5人増加、第三次産業8人増加となっています。

死亡労働災害発生状況及び労働災害発生状況[PDF形式:20KB]

3.定期健康診断結果報告書有所見者率について

 高知県における一般定期健康診断の有所見者率は平成19年から50%を超え、その後増減を繰り返しており、令和元年は61.1%となっています。
 健康診断項目別にみると、血中脂質検査、血圧、肝機能検査等生活習慣に関連の深い検査項目において、有所見者率が高くなっています。

一般定期健康診断の有所見率[PDF形式:52KB]

4.新型コロナウイルス関連について

職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト[PDF形式:144KB]

新型コロナウイルスに関するQ&A・リーフレット(厚生労働省ホームページ)

事業主の方のための雇用関係助成金(新型コロナウイルス感染症関係)(厚生労働省ホームページ)

5.職場における労働衛生対策について

(1)産業保健関係助成金について
(2)産業医について
(3)健康診断について
(4)腰痛予防対策について  など、労働衛生対策に役立つ事項を掲載していますので参考にしてください。

職場における労働衛生対策(厚生労働省ホームページ)

 

6.最近のトピックスについて

(1)「Safe Work KOCHI見える化運動」事例募集

 令和元年度より高知労働基準監督署で推進しています「Safe Work KOCHI見える化運動」で、各事業場において取り組んでいただいている「見える化」の事例を募集しています。

「Safe Work KOCHI見える化運動」事例募集

(2)労働安全衛生規則等の一部を改正する省令の施行について

 労働安全衛生規則等の一部を改正する省令の施行について(令和2年3月3日公布/令和2年7月1日施行)
化学物質取扱従事者に係る特殊健康診断の項目を全面的に見直しました。

化学物質取扱業務従事者に係る特殊健康診断の項目を見直しました(令和2年7月1日施行)[PDF形式:1.00MB]

(3)労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令等の施行等について

 労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令等の施行等について(令和2年4月22日公布・告示/令和3年4月1日施行(一部令和4年4月1日施行))「溶接ヒューム」及び「塩基性酸化マンガン」が、労働者に神経障害等の健康障害を及ぼすおそれがあることが明らかになったため、特定化学物質(第2類物質)に加えられる等の改正が行われました。
 改正により、作業主任者の選任、作業環境測定等の実施、特殊健康診断の実施などが新たに必要となりました。

金属アーク溶接等作業について健康障害防止措置が義務付けられます。

(4)エイジフレンドリーガイドラインについて

 令和2年3月に「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」(エイジフレンドリーガイドライン)が策定されました。
 また、高年齢労働者のための職場環境改善に要した経費についての助成金が新設されました。

高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン(エイジフレンドリーガイドライン)[PDF形式:1.27MB]

令和2年度エイジフレンドリー補助金について(厚生労働省ホームページ)

(5)健康増進法の一部を改正する法律について

 平成30年7月に健康増進法の一部を改正する法律が成立し、令和2年4月1日より全面施行されました。

受動喫煙対策(厚生労働省ホームページ)

「受動喫煙防止対策助成金」のご案内[PDF形式:459KB]

(6)ずい道等建設工事における粉じん対策に関するガイドラインの改正について

 ずい道等建設工事における粉じん対策を、より一層推進するため、令和2年7月に「ずい道等建設工事における粉じん対策に関するガイドライン」を改正しました。

令和2年7月 ずい道等建設工事における粉じん対策に関するガイドライン(厚生労働省ホームページ)

(7)石綿障害予防規則等の一部を改正する省令等の施行について

 建築物、工作物及び船舶の解体工事及び改修工事における石綿等へのばく露による健康障害を防止するため、石綿障害予防規則等の改正が行われました。

建築物・工作物、船舶の解体工事、リフォーム・修繕などの改修工事に対する石綿対策の規制が施行されます。[PDF形式:312KB]

(8)「改正電離放射線障害防止規則」の施行について

 「電離放射線障害防止規則(電離則)」と「電離放射線障害防止規則第3条第3項並びに第8条第5項及び第9条第2項の規定に基づく厚生労働大臣が定める限度及び方法を定める件」を改正し、令和3年4月1日から施行・適用されます。
 今回の改正では、眼の水晶体の被ばく限度の見直しなどを行っています。

令和3年4月1日から、「改正電離放射線障害防止規則」が施行されます。[PDF形式:285KB]

(9)「産業医・産業保健機能」と「長時間労働者に対する面接指導等」の強化について

 長時間労働やメンタルヘルス不調などにより、健康リスクが高い状況にある労働者を見逃さないため、産業医による面接指導や健康相談等が確実に実施されるよう。「産業医・産業保健機能」と「長時間労働者に対する面接指導等」が強化されました。

働き方改革関連法により2019年4月1日から、「産業医・産業保健機能」と「長時間労働者に対する面接指導等」が強化されます。[PDF形式:544KB]

(10)改正労働基準法関係について

「5日間の年休取得義務化」[PDF形式:2.19MB]

 平成31年4月から、全ての企業において、年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者(管理監督者を含む)に対して、年次有給休暇の日数のうち年5日については、使用者が時季を指定して取得させることが義務付けけられました。
 

時間外労働の上限規制について[PDF形式:7.12MB]

 本年4月から時間外労働の上限規制(中小企業)が全面施行(一部適用猶予除外あり)されました。

(11)ハラスメント防止法について

 令和2年6月1日より職場のパワーハラスメント対策及びセクシュアルハラスメント、妊娠・出産・育児休暇等に関するハラスメント対策が事業主の義務になりました。

職場におけるパワーハラスメント対策が事業主の義務になりました。[PDF形式:12.8MB]

(12)職場における心の健康づくりについて

 厚生労働省は、「労働者の心の健康の保持増進のための指針」(メンタルヘルス指針、平成18年3月策定、平成27年11月30日改正)を定め、職場におけるメンタルヘルス対策を推進しています。

職場における心の健康づくり「労働者の心の健康の保持増進のための指針」[PDF形式:6.48MB]

7.高知産業保健総合支援センターについて

 企業の明るい未来のために働く人の「こころ」と「からだ」の健康を無料でサポート。  産業保健関連の情報については、「独立行政法人 労働者健康安全機構 高知産業保健総合支援センター」ホームページへ

8.その他(各種リーフレット等)について

(1)第13次労働災害防止計画について[PDF形式:166KB]
(2)熱中症予防対策について[PDF形式:974KB]
(3)陸上貨物運送事業におけるトラック荷台からの転落を防ぐために[PDF形式:1.61MB]
(4)第9次 粉じん障害防止総合対策について[PDF形式:998KB]
(5)「治療と仕事の両立支援」について[PDF形式:4.50MB]
(6)新型コロナウイルス感染症による労働災害も労働者死傷病報告の提出が必要です[PDF形式:366KB]
(7)労働基準監督署への報告書類(安全衛生関係)は、インターネット上で作成できるようになりました。[PDF形式:427KB]
(8)複数の会社等に雇用されている労働者の方々への労災保険給付が変わります。[PDF形式:266KB]
(9)労働者災害補償保険法改正され、2020年9月1日から施行されます。[PDF形式:4.19MB]
(10)高知県最低賃金の改正について

問い合わせ

この記事に関するお問い合わせ先

高知労働基準監督署 安全衛生課

電話
088-885-6031
FAX
088-885-6036

その他関連情報

情報配信サービス

〒781-9548 高知市南金田1番39号

Copyright(c)2000-2011 Kochi Labor Bureau.All rights reserved.