高知労働局長が建設現場のパトロールを実施しました。(高知龍馬空港IC橋上部工事)

【照会先】

高知労働局 労働基準部 健康安全課
健康安全課長 吉本 雄一
産業安全専門官  伊勢田 文久
(直通電話)  088-885-6023

報道関係者 各位


 高知労働局長(中村 克美)は、南国市物部で整備を行っている南国安芸道路高知龍馬空港インターチェンジの建設現場パトロールを12月7日に実施しました。
 令和4年の高知県内の労働災害は、新型コロナウイルス感染拡大の影響などにより大幅に増加しており、また、年末年始に向けて慌ただしくなる中で労働災害の増加が懸念されるところです。
 このため、高知労働局では、12月1日から来年1月31日までを「年末・年始労働災害防止強化期間」と定め、労働災害防止の取組を強化しており、その一環として、局長による建設現場のパトロールを実施しました。
 当日は、施工業者から工事概要について説明を受けた後、施工中のインターチェンジ上部工のパトロールを行い、現場で実施されている墜落・転倒災害防止対策やクレーン作業の安全対策、現場事務所での新型コロナウイルス感染予防対策などについて確認しました。
 パトロール終了後には、高知労働局長から、現場で働く作業員のみなさんをねぎらうとともに、引き続き工夫した労働災害防止を進め、災害ゼロを目指して工事を完了してほしいと説明しました。


パトロールの概要
実施日時 令和4年12月7日(水) 13:40~14:40
実施場所 高知県南国市物部地先
施  工 者 株式会社富士ピー・エス
実施状況 工事概要説明(現場詰所前)-現場パトロール‐局長講評(現場詰所前)
工事概要 南国安芸道路として整備を進めている高知龍馬空港インターチェンジ橋の上部工(橋長126m幅員9.25m)施工。




(写真1)昇降設備の安全対策について説明を受ける中村局長(右側)
(写真1)昇降設備の安全対策について説明を受ける中村局長(右側)



(写真2)工事の安全対策について説明を受ける中村局長(左側)
(写真2)工事の安全対策について説明を受ける中村局長(左側)

 

報道発表資料[PDF形式:533KB]

その他関連情報

情報配信サービス

〒781-9548 高知市南金田1番39号

Copyright(c)2000-2011 Kochi Labor Bureau.All rights reserved.