11月は「過労死等防止啓発月間」です

【照会先】

高知労働局 労働基準部監督課
課   長 中村 祐樹
主任監察監督官 山中 敬之
電 話 088-885-6022

報道関係者各位

11月は「過労死等防止啓発月間」です
 ~過労死等防止対策シンポジウムや過重労働解消キャンペーンなどを実施~
 

 厚生労働省では、11月を「過労死等防止啓発月間」と定め、過労死等をなくすためにシンポジウムやキャンペーンなどの取組を行います。この月間は、「過労死等防止対策推進法」に基づくもので、過労死等を防止することの重要性について国民の自覚を促し、関心と理解を深めるため、毎年11月に実施しています。
 高知労働局においても、以下の取組を実施します。



【取組概要】

1 過労死等防止対策推進シンポジウムを開催します

◆ 開催日時  平成30年12月1日(土) 13時30分~16時15分
◆ 会  場  高知城ホール(高知市丸ノ内2丁目1-10)
◆ 講  演  「若者の過労死問題を考える」(愛媛大学名誉教授 長井偉訓氏)他

2 「過重労働解消キャンペーン」を実施します

(1)  労使の主体的な取組を促します
 キャンペーンの実施に先立ち、高知労働局長が、県内の使用者団体や労働組合に対し、キャンペーンにおける主体的な取組について協力要請を行い、労使の主体的な取組を促します。

(2) 無料電話相談を11月4日に実施します
 「過重労働解消相談ダイヤル」(無料)を実施し、長時間労働や過重労働、賃金不払残業など労働条件全般にわたり、都道府県労働局の担当官が相談に対応します。
 
◆ 実施日時  11月4日(日) 9時00分~17時00分
◆ フリーダイヤル  0120(794)713 
       なくしましょう 長い残業    

(3) 重点監督を実施します
 長時間にわたる過重な労働による過労死等に関して労災請求が行われた事業場や若者の「使い捨て」が疑われる企業などへ重点的な監督指導を行います。

(4) 労働局長によるベストプラクティス企業への職場訪問を実施します
 高知労働局長が長時間労働削減に向けた積極的な取組を行っている「ベストプラクティス企業」を訪問し、その取組事例を紹介します。
 
◆ 訪  問 日 平成30年11月12日(月)
◆ 訪問企業 土佐鶴酒造株式会社(高知県安芸郡安田町安田1586)  
            ※ 職場訪問の詳細は、後日別途広報いたします


  詳しくは、こちらの資料をご覧ください。
  ● 報道発表資料(PDFファイル:10.7MB)
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒780-8548 高知市南金田1番39号

Copyright(c)2000-2011 Kochi Labor Bureau.All rights reserved.