職場における受動喫煙防止対策(助成金・支援事業)について【健康課】

(令和元年6月 更新)

受動喫煙防止対策助成金制度について

 
【対象事業主】
労働者災害補償保険の適用事業者であること。
中小企業事業者 (第二種施設を営む者に限る。) であること。
事業場内において、措置を講じた区域以外を禁煙とすること。
【助成対象】
喫煙専用室の設置・改修(既存特定飲食提供施設のみ
加熱式たばこ専用喫煙室の設置・改修(既存特定飲食提供施設のみ)
屋外喫煙所(閉鎖系)の設置・改修
 
助成内容
喫煙専用室の設置などにかかる経費のうち、工費、設備費、機械装置費などの経費の1/2
(ただし、喫煙 専用室の設置等を講じる事業場が飲食店の場合は2/3
※ 上限100万円・1000円未満切り捨て
 
【留意事項】
交付は事業場単位で、1事業場につき1回です。
工事の着工前に申請書等を提出して、あらかじめ交付決定を受ける必要があります
※申請書の審査に概ね1箇月程度を要しますので、申請書は工事着工の概ね1箇月程度以上前に提出をお願いいたします。
申請額が予算額に到達した場合、申請受付を締め切ることになりますのでご了承下さい。
令和3年3月までに工事・支払いを完了し、実績報告を提出することが必要ですので、年度末に申請予定の場合は事前にご相談下さい。

令和2年度申請の受付がはじまりました。

申請書、支給要綱、支給要領、パンフレットなどはこちら(厚生労働省HP)

 

助成金以外の支援事業について

その他関連情報

〒231-8434横浜市中区北仲通5-57
横浜第二合同庁舎8・13階(本庁舎)
〒231-0015横浜市中区尾上町5-77-2
馬車道ウエストビル2・3・5・9階(分庁舎)

Copyright(c)2000 Kanagawa Labor Bureau.All rights reserved.