週休1日制の場合

 各日の所定労働時間を短縮することによって、週44時間労働制をクリアすることができます。
 例えば、週6日の労働日のうち5日間の所定労働時間を8時間とし、土曜日などの特定の1日の所定労働時間を4時間とする方法、あるいは、1日の所定労働時間を7時間20分とする方法により、1週間の所定労働時間は、44時間となります。
 (例1)週6日の労働日のうち5日間の所定労働時間を8時間とし、土曜日などの特定の1日の所定労働時間を4時間とするもの

 就業規則規定例

(所定労働時間)

第○条 所定労働時間は、土曜日を除き1日8時間とし、土曜日は、1日4時間とする。
各日の始業・終業の時刻および休憩時間は次のとおりとする。
 
  1. 始業時刻 午前8時30分
    終業時刻 午後5時15分
    休憩時間 正午から午後12時45分まで
  2. 土曜日
    始業時刻 午前8時30分
    終業時刻 午後12時30分

(休日)

第○条 休日は、次のとおりとする。
 
  1. 火曜日
  2. 盆(8月13日~15日)
  3. 年末年始(12月31日~1月3日)


このページのトップに戻る

鹿児島労働局

〒892-8535 鹿児島市山下町13番21号鹿児島合同庁舎2階
〒892-0842 鹿児島市東千石町14番10号天文館大樹生命南国テレホンビル 5・8階
〒892-0847 鹿児島市西千石町1番1号鹿児島西千石第一生命ビル1・2・3階

Copyright(c)2003-2017 Kagoshima Labor Bureau.All rights reserved.