労働時間制度の改善方法について

 事業場における仕事の実態や業務の内容にあった労働時間制度を導入することが必要です。
 仕事の流れ、仕組みなど仕事の実態等を把握した上で、それぞれの事業場や部署に最もあった労働時間制度を検討し、導入しましょう。
 週44時間労働制を実現するためには、週休1日制、変形労働時間制(1箇月単位の変形労働時間制等)の方法によることが考えられます。それぞれの方法について、考え方、制度の導入に必要な手続き等について紹介します。

このページのトップに戻る

鹿児島労働局

〒892-8535 鹿児島市山下町13番21号鹿児島合同庁舎2階
〒892-0842 鹿児島市東千石町14番10号天文館大樹生命南国テレホンビル 5・8階
〒892-0847 鹿児島市西千石町1番1号鹿児島西千石第一生命ビル1・2・3階

Copyright(c)2003-2017 Kagoshima Labor Bureau.All rights reserved.