休憩

 自由利用の原則

使用者は、労働時間が

  1. 6時間を超える場合は少なくとも45分
  2. 8時間を超える場合は少なくとも1時間

の休憩時間を労働時間の途中に与えなくてはいけません(法第34条第1項)。

 また、休憩時間は、原則として一斉に与え、かつ労働者に自由に利用させなければなりません。  もっとも、労働者代表(労働者の過半数で組織する労働組合、労働組合がない場合は労働者の過半数を代表する者)との書面による労使協定があるときは、この一斉付与の原則が適用除外となります(法第34条第2項、第3項)。



このページのトップに戻る

鹿児島労働局

〒892-8535 鹿児島市山下町13番21号鹿児島合同庁舎2階
〒892-0842 鹿児島市東千石町14番10号天文館大樹生命南国テレホンビル 5・8階
〒892-0847 鹿児島市西千石町1番1号鹿児島西千石第一生命ビル1・2・3階

Copyright(c)2003-2017 Kagoshima Labor Bureau.All rights reserved.