ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > 新着情報 > 令和2年度夏季の振動障害診断所見書の取扱いについて
ニュース&トピックス

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

令和2年度夏季の振動障害診断所見書の取扱いについて

 

 

○振動障害で1年以上療養されている方へ

  振動障害で1年以上療養されている方につきましては、毎年夏(おおむね6月から8月)と冬(おおむね12月から2月)に
  検査を受けていただき、主治医の方から労働基準監督署に振動障害診断
所見書をご提出いただいております。

  しかし、今般、新型コロナウイルスに係る緊急事態宣言が発令されたことに鑑み、感染拡大防止の観点から、検査のた
 めに通院していただくことは適当ではないため、令和2年度の夏については上記所見書のご提出を依頼しないこととしま
 した。

  つきましては、令和2年度の夏については、本検査のために医療機関に通院いただく必要はありませんので、お知らせ
 いたします。

 

○関係医療機関の方

  上記のとおり、令和2年度の夏につきましては、振動障害診断所見書の提出依頼はいたしません。振動障害で1年以上
 療養されている方を診療いただいている医療機関におかれましても、令和2年度の夏の検査をしていただく必要はありま
 せんので、検査のための通院等を療養者の方に依頼されることのないよう
お願いいたします。


 
詳しくは、香川労働局労働基準部労災補償課(TEL:087-811-8921)までお問い合わせください。


  ◎  概要はこちら → こちら

 

 

個別労働関係紛争解決制度について厚労省人事労務マガジン電子申請こころの耳熱中症に注意b_positive_50.jpgユースエール認定制度バナー2.bmp キャプチャ.PNGn_kyujin.gif新卒者・既卒者支援 事業主の皆様へ職場におけるセクシュアルハラスメント

 

香川労働局 〒760-0019 高松市サンポート3番33号高松サンポート合同庁舎3階

Copyright(c)2000-2016 Kagawa Labor Bureau.All rights reserved.  部署電話番号.png