厚生労働省 茨城労働局

     
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 労働局について > 業務内容 > 労働基準部 > 監督課の業務 > 過重労働解消キャンペーン
11月は「過重労働解消キャンペーン」期間
   
     平成26年11月に施行された「過労死等防止対策推進法」において、11月は「過労死等防止啓発月間」とされています。このため茨城労働局では、同月間にあわせ、過労死等の一つの要因である長時間労働の削減等、過重労働解消に向けた集中的な周知・啓発等の取組を行う「過重労働解消キャンペーン」を実施します。
 
 

令和2年度11月「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果を公表

     (PDF10ページ:253KB)(2021年06月01日掲載)

   
     事業場の皆様におかれても、過重労働に係る健康障害を防止し、また賃金不払残業を解消するために、次の取組をお願いします。
   
  過重労働による健康障害を防止するために
 
[1]

  時間外・休日労働時間等を削減しましょう。

  (1)  労働基準法が改正され、法律上、時間外労働の上限は原則として月45時間・年360時間となり、臨時的な特別の事情がなければこれを超えることができなくなりました。(注1)
  (2)  臨時的な特別の事情があって労使が合意する場合(特別条項)でも、法律に定める上限を守らなければなりません。
  (3)  時間外労働は本来臨時的な場合に行われるものであること等を踏まえ、 36協定(時間外労働 ・ 休日労働に関する協定)の締結に当たっては、労働者の代表(労働者の過半数で組織する労働組合又は労働者の過半数を代表する者)とともに、その内容が指針(注2)に適合したものとなるようにしてください。
 
    (注1)建設事業、自動車運転の業務など、特定の事業・業務については、上限規制の適用が猶予・除外されています。
(注2)「労働基準法第36条第1項の協定で定める労働時間の延長及び休日の労働について留意すべき事項等に関する指針」
         (平成30年9月、厚生労働省)

 
[2]

 年次有給休暇の取得を促進しましょう。

     労働基準法が改正され、 年5日の年次有給休暇(以下「年休」という。)を確実に取得させることが必要となっていますが、これは最低基準です。労働者に付与された年休は本来、すべて取得されるべきものです。年休を取得しやすい職場環境づくり、年休の計画的付与制度の活用等により年休の取得促進を図りましょう。
 
[3]

 労働者の健康管理に係る措置を徹底しましょう。 

  (1) 健康管理体制を整備するとともに、 健康診断を実施しましょう。
  (2) 長時間にわたる時間外・休日労働を行った労働者に対する面接指導等を実施しましょう。
  (3) 労働安全衛生法が改正され、 面接指導の対象が、 「時間外・休日労働時間が1か月当たり80時間を超え、 かつ疲労の蓄積が認められる者」に拡大されました。
   
   
  賃金不払残業を解消するために
 
[1]

 職場風土を改革しましょう。

[2]

 適正に労働時間の管理を行うためのシステムを整備しましょう。

[3]

 労働時間を適正に把握するための責任体制を明確化し、チェック体制を整備しましょう。

 



厚生労働省・茨城労働局では、過重労働解消キャンペーン期間中に、

次の取組を行います。

   
   
 

労使の主体的な取組を促します。

 
使用者団体や労働組合に対し、長時間労働削減に向けた取組に関する周知・啓発などの実施についての
協力要請を行います。
 
 

労働局長によるベストプラクティス企業への職場訪問を実施します。

     労働局長が管内の企業を訪問し、当該企業の長時間労働削減等働き方改革に向けた積極的な取組事例を
収集・紹介します。
 
 

重点監督を実施します。

     各種相談等から長.時間・過重労働が疑われる事業場などへの監督指導を重点的に行います。
 
 
   【過重労働解消相談ダイヤル】
電話相談を実施(0120-794-713)
   
   平日は、従来どおり、茨城労働局や県内の各労働基準監督署の「総合労働相談コーナー」で
    ご相談を受け付けています。
 
   夜間や休日、労働条件のお悩みには、フリーダイヤルで電話相談をお受けしています。
    労働条件相談ほっとライン 【委託事業】(フリーダイヤル  はい!労働)
        0120-811-610
           
           ( はい!  ろうどう )
  (相談受付時間 : 月~金17:00~22:00、土日・祝日9:00~21:00)
労働条件相談ほっとライン

 労働条件相談ほっとラインの多言語対応特設サイトは下記まで↓
  URL: https://www.check-roudou.mhlw.go.jp/lp/hotline/
roudousha_small_hotline.png

 
 
   
 

過重労働解消のためのセミナーを開催します。
(9月1日~12月14日)事業主、人事労務担当者、総務のかたへ。【参加無料】

Zoomでの開催になりますので、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットからも参加できます。
申込みは、こちらまで。【 https://kajyu-kaisyou-lec.com/index.html
  kantoku_kajyu_kaisyou_r03seminar.jpg
 
 

【参加無料:過労死等防止対策推進シンポジウムを開催します】
 (新しいウインドウで開きます)
令和3年11月18日(木)13時30分~15時30分
つくば国際会議場 多目的ホール(事前申込)

   
   
 
【「過重労働解消キャンペーン」を実施します】
  キャンペーンリーフレット(PDF4ページ:1.85MB)
 
過重労働解消キャンペーン
このページのトップに戻る

 この記事に関するお問い合わせ先
茨城労働局 労働基準部 監督課
〒310-8511   水戸市宮町1丁目8-31   茨城労働総合庁舎6F
TEL : 029-224-6214    FAX : 029-224-6273

 

 | サイトマップ | お問い合わせ | よくあるご質問 |  リンク集 | 
 | プライバシーポリシー | 利用規約 | 労働局へのご意見 |

茨城労働局 〒310-8511 水戸市宮町1丁目8番31号茨城労働総合庁舎
労働局の所在地と組織についてはこちらまで   Copyright(c) Ibaraki Labour Bureau.All rights reserved.