ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 労働基準・労働契約関係 > 平成30年7月豪雨による被害に伴う労働基準法や労働契約法に関するQ&A

平成30年7月豪雨による被害に伴う労働基準法や労働契約法に関するQ&A

 平成30年7月豪雨により、西日本を中心に、河川の氾濫や堤防の決壊、橋の崩落などにより被害を受けられた事業場においては、事業活動への影響が生じており、被災地以外に所在する事業場においても、鉄道や道路等の途絶から原材料、製品等の流通に支障が生じることも懸念されている状況にあります。
 このため、賃金や解雇等の労働者の労働条件について使用者が守らなければならない事項等を定めた労働基準法の一般的な考え方などについてQ&Aを取りまとめることとしました。
 今後、必要に応じ更新していきます。
 
 なお、労働基準法上の義務については、個別事案ごとに諸事情を総合的に勘案すべきものですので、具体的な御相談など詳細については、お近くの労働局又は各労働基準監督署にお問い合わせください。

Q&Aの詳細につきましては以下をクリックしてください
平成30年7月豪雨による被害に伴う労働基準法や労働契約法に関するQ&A
 [292KB; PDFファイル]
 

 
厚生労働省バナー

マザーズハローワーク広島バナー

広島新卒応援HWバナー

わかハロバナー