福岡労働局長による建設現場パトロールを実施しました。

- 年末・年始の労働災害撲滅を目指して -


▲出発式での局長挨拶

【日時】
 令和4年12月8日(木)

【場所】 
 福岡市城南区七隈7丁目45-1 福岡大学病院新本館(仮称)新築工事

【記事】
 福岡労働局長(安達 栄(あだち さかえ))は、労働災害が多く発生する年末・年始期に向け、死亡労働災害が多発している建設工事現場を対象に、建設業労働災害防止協会福岡県支部と連携し建設現場の安全パトロールを実施しました。
 また、福岡労働局管下の労働基準監督署では、11月から1月にかけて建設業の死亡・重篤災害の撲滅のため、建設現場に対する集中的な監督指導等の実施を予定しています。


▲パトロール風景

▲インタビュー風景

【パトロール概要】
 [実施日時]: 令和4年12月8日(木)午前10時00分~11時30分
 [現場名称]:福岡大学病院新本館(仮称)新築工事
 [現場所在地]: 福岡市城南区七隈7丁目45-1
 [建築主] :学校法人福岡大学
 [施工] :清水建設株式会社 九州支店 

【工事概要】
 [構 造]:S造、一部RC造SRC造 地上12階
 [高 さ]:54.7m
 [延べ面積]:51,392.94 m2
 [全工期]: 令和3年10月12日~令和5年12月中旬

その他関連情報

情報配信サービス

〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labour Bureau.All rights reserved.