ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > トピックス > 2018年度 > 労災レセプト電算処理システム導入に係る費用の一部支援について

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

システム導入に係る費用の一部支援について

 

1.労災保険指定医療機関向け(病院、診療所)

 平成28年4月1日以降に、労災レセプト電算処理システムで請求するため労災レセプト対応のソフト等を導入(※1)した場合は、導入支援金を申請することができます(労災保険指定医療機関を対象とした導入支援金は、平成28年、29年度に引き続き、平成30年度も実施しています。)。
 詳細については、以下のパンフレット及びリーフレットをご確認ください。
 ※1 導入は、平成28年4月1日以降に納品のものを対象とします。
 
   パンフレット
(PDF;1,440KB)
   リーフレット(PDF;445KB)

 

2.労災保険指定薬局向け

 平成29年4月1日以降に、労災レセプト電算処理システムで請求するため労災レセプト対応のソフト等を導入(※2)した場合は、導入支援金を申請することができます(労災保険指定薬局を対象とした導入支援金は、昨年度に引き続き、平成30年度も実施しています。)。
 詳細については、以下のパンフレット及びリーフレットをご確認ください。
 ※2 導入は、平成29年4月1日以降に納品のものを対象とします。
 
   パンフレット
(PDF;1,417KB)
   リーフレット(PDF;419KB)
 
 
 
導入支援金に関するお問い合わせ先
 労レセシステム普及促進センター ヘルプデスク
 0120-900-673(フリーダイヤル)
 土日祝日を除く、平日 9時00分~18時00分


 
 

ページトップへ

| リンク集 | プライバシーポリシー | 利用規約 | 労働局へのご意見

福岡労働局 〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎

新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.