常時雇用する労働者以外の外国人労働者を派遣し「無許可派遣」を行っていた特定労働者派遣事業主を行政処分 ~派遣元事業主に対する労働者派遣事業改善命令について~

【担当】

職業安定部需給調整事業課
課長        高田 義孝
主任需給調整指導官 松本 博明
需給調整第2係長   古賀 栄利子
電話 092-434-9711
FAX 092-434-9771
 福岡労働局(局長 岩崎 修)は、下記のとおり、労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律(昭和60年法律第88号。以下「労働者派遣法」という。)に基づき、特定労働者派遣事業を営む派遣元事業主に対して、本日、労働者派遣法第49条第1項に基づく労働者派遣事業改善命令を行った。
 当該事業主は、常時雇用される労働者のみを派遣することができる特定労働者派遣事業主であるにもかかわらず、常時雇用される労働者以外の労働者(雇入れから在留期間の満了日までの期間が1年以内の外国人労働者)を派遣していたものである。
 
                       記
 
1 処分を受けた事業主
  名 称      有限会社ジョブアクセス(代表取締役 平木 幸雄)
  所在地      福岡県小郡市二森255-2
  届出受理番号   特40-300758(平成19年2月7日届出受理)
 
2 処分の内容
  労働者派遣法第49条第1項に基づく労働者派遣事業改善命令(労働者派遣事業改善命令の理由は3、内容は4に記載のとおり)

3 処分の理由
  有限会社ジョブアクセスは、
 
一 労働者派遣法第5条第1項に違反して、少なくとも平成29年8月3日から平成30年7月23日までの間、厚生労働大臣の許可を受けていないにもかかわらず、常時雇用する労働者以外の労働者を、延べ964人日にわたり派遣し、
 
二 労働者を派遣しようとするときに同法第34条第1項に違反して、当該派遣労働者に対し、同項第2号から第4号並びに同条第3項に掲げる事項を明示せず、
 
三 労働者を派遣するときに同法第35条第1項に違反して、派遣先に対し、同項第3号に掲げる事項を通知せず、
 
四 労働者の派遣就業に関し、同法第37条第1項に違反して、同項第1号から第4号及び第9号に掲げる事項を記載せず

  労働者派遣事業を行ったこと。
 
 
4 労働者派遣事業改善命令の内容
(1)労働者派遣事業、請負事業のすべてについて、労働者派遣法及び職業安定法に則って適正に行われているか総点検を行い、これらに係る違反がある場合には、労働者の雇用の安定を図るための措置を講ずることを前提に、速やかに是正すること。
なお、総点検に当たっては、特に次の法条項について重点的に点検すること。
・労働者派遣法第34条第1項及び第3項
・同法第35条第1項
・同法第37条第1項
(2)上記 (処分の理由)の各事項に係る労働者派遣法違反について、それぞれ、その発生の経過を明らかにした上で、原因を究明し、再発防止のための措置を講ずること。
(3)今後、労働者派遣法、職業安定法等の労働関係法令に違反することのないよう、派遣元事業主の責任において、全社にわたり確実な方法により、法令等労働者派遣事業制度の理解の徹底を図るとともに、遵法体制の整備を図ること。


報道発表資料全体版(408KB;PDFファイル)


 

その他関連情報

情報配信サービス

〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.