長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導等結果を公表します

【照会先】

福岡労働局労働基準部監督課
監 督 課 長     川辺 博之
過重労働特別監督監理官 渡辺 純一
(代表電話)(092)411-4862
(直通電話)(092)411-4521

 福岡労働局では、このたび、平成29年度に、長時間労働が疑われる1,333事業場に対して実施した、労働基準監督署による監督指導の結果を取りまとめましたので、公表します。

 この監督指導は、各種情報から時間外・休日労働時間数が1か月あたり80時間を越えていると考えられる事業場や、長時間にわたる過重な労働による過労死等に係る労災請求が行われた事業場を対象としています。対象となった1,333事業場のうち、861事業場(全体の64.6%)で労働基準関係法令違反を確認し、そのうち526事業場(全体の39.5%)で違法な時間外労働が認められたため、それらの事業場に対して、是正に向けた指導を行いました。

 福岡労働局では、今後も長時間労働の是正に向けた取組を積極的に行っていきます。

詳細については、以下をご覧ください。

報道発表資料(全体版)[PDF形式:1,568KB]






 

その他関連情報

情報配信サービス

〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.