STOP!転倒 ~転倒災害を防止し健康保持増進に努めましょう~

福岡労働局では、「STOP!転倒災害FUKUOKA2022」(令和4年6月~令和5年2月)を展開していることもあり、当署管内(小倉北区、小倉南区)の転倒災害は5月末現在、前年同月比-27件となっています。
しかし、平成14年に全国で発生した労働災害の事故の型別で第3位だった転倒災害が、平成15年に第1位となり、令和3年は労働災害全体の22.5%を占めるまでに増加しています。
また、骨折によって休業期間が長期化し、人員不足による事業への影響が発生することにとどまらず、被災者も後遺症に苦しむことになります。
転倒災害の発生を未然に防ぎ、健康保持増進に努めるため、「健康づくり推進責任者」を選任し、健康で安全な職場をつくりましょう。
  1. STOP!転倒(ポスター)(PDF:2179KB)
    ※A3以上で印刷し掲示してください

  2. STOP!転倒災害FUKUOKA2022(PDF:880KB)
  3. 職場での転倒にご注意ください!適切な靴を選びましょう(PDF:981KB)

その他関連情報

情報配信サービス

〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labour Bureau.All rights reserved.