11月は「労働保険適用促進強化期間」です ~知らなかったでは、すまされない。~

事業主のみなさまへ
労働保険の加入手続はお済ですか?

 労働保険とは、労働者災害補償保険(労災保険)と雇用保険とを総称した言葉です。
 
 労災保険は、労働者の業務上の災害や通勤途上の災害に迅速に対処して必要な保険給付を行う制度であり、雇用保険は、労働者が失業した場合に生活の安定を図るとともに、再就職を促進するために必要な給付を行う制度です。
 
 労働保険制度では、農林水産の事業の一部を除き、労働者を一人でも雇っていれば適用事業となり、その事業主は加入手続を行った上で、労働保険料を納付しなければならないことが法律で義務付けられています。
 
 加入手続を行うように指導を受けたにもかかわらず、自主的に加入手続を行わない事業主に対しては、行政庁の職権による成立手続及び労働保険料の認定決定を行うこととなります。
その際は、遡って労働保険料徴収するほか、併せて追徴金を徴収することとなります。
 
 また、事業主が故意または重大な過失により労災保険に係る保険関係成立届を提出していない期間中に労災事故が生じ、労災保険給付を行った場合は、事業主から遡って労働保険料を徴収(併せて追徴金も徴収)するほか、労災保険給付に要した費用の全額または一部を徴収することになります。
なお、労働保険には労働保険事務組合制度があり、この事務組合に委託すると、以下のメリットがあります。
(1)労働保険料の申告・納付等の労働保険事務を事業主に代わって処理できる
(2)労働保険料の額にかかわらず、労働保険料を3回に分割納付できる
(3)労災保険に加入することが出来ない事業主や家族従事者なども、労災保険に特別加入することができる
 
 まだ、労働保険の加入手続がお済でない事業主は、今すぐ加入手続を行ってください。
 
労働保険の加入手続について
労働保険料について
労働保険事務組合制度について
労災保険について(厚生労働省HP)
雇用保険について(厚生労働省HP)
 

問い合わせ

【連絡先】

福岡労働保険総務部労働保険徴収課

TEL
092-434-9835

その他関連情報

情報配信サービス

〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.