ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全対策関係 > 法令・制度 > 石綿の適正管理について > 石綿を含有する建材等の在庫品の販売及び使用の停止について
 
 
 
石綿を含有する建材等の在庫品の販売及び使用の停止について

 石綿を含有する在庫品については、石綿含有製品の製造等を禁止する改正政令の施行日である平成16年10月1日までに在庫品を残さないこと、使用している製品中の石綿含有製品の有無を確認し、石綿含有製品を使用している場合は、今後新たに導入する製品については無石綿製品に転換することを要請し、さらに石綿を含有する建材について、在庫品の販売は補修に使用されるものに限ること等を要請したところです。
 施行日前に製造され、又は輸入された製品については、施行日以降も譲渡、提供および使用等ができることとされていますが、石綿の有する有害性により、石綿を含有する物の製造等が禁止された趣旨に加え、石綿被害が社会的な問題となっている今般の状況に鑑みると、施行日以前に製造された石綿を含有する建材等の在庫品についても譲渡、提供および新たな使用等を直ちに停止することが強く求められています。
 つきましては、これらの状況をご理解のうえ、石綿を含有する建材等の在庫品の譲渡、提供および新たな使用等を直ちに停止していただきますようお願い申し上げます。

このページのトップに戻る
ページトップへ

福岡労働局 〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎
新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.