ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全対策関係 > 法令・制度 > 石綿の適正管理について > 建築物等の解体作業等における石綿のばく露防止対策等の掲示について
 
 
 
建築物等の解体作業等における石綿のばく露防止対策等の掲示について

 石綿による健康障害については、石綿を製造、取り扱う作業に従事する労働者はもとより、関係事業場の周辺住民にも不安が生じているところです。
 とりわけ、今後、石綿を使用した建築物等の解体等の作業が増加することが予想される中、石綿のばく露防止対策及び石綿粉じんの飛散防止対策の徹底とその周知は、当該作業に従事する労働者はもとより、解体等の作業が行われる現場の周辺住民の不安の解消の観点からも強く求められているところです。
 このため、厚生労働省は関係業界団体、関係省庁に対して、事業者による石綿のばく露防止対策等の実施内容の作業現場での掲示の促進を要請しています。(詳細はこちら)
 建築物の解体等の作業を行うに当たっては、下記事項について特段のご配慮をお願いいたします。

1 建築物等の解体等の作業を行うに当たっての石綿のばく露防止対策等の実施内容の掲示について
石綿を使用した建築物等の解体等の作業を行うに当たっては、所轄労働基準監督署長に石綿に関する計画の届出・作業の届出を行った上で石綿のばく露防止対策及び石綿粉じんの飛散防止対策を講じなければならない場合と、当該届出を行うことなく石綿のばく露防止対策等を講じなければならない場合があります。
  1. 石綿を使用している建築物の解体等の作業について
    (1)所轄労働基準監督署長へ計画の届出・作業の届出を行う場合
    石綿障害予防規則(平成17年厚生労働省令第21号)に基づく届出が行われていること及び石綿のばく露防止対策等の実施内容を関係労働者のみならず周辺住民にも見やすい場所に掲示してください。(別紙1参照)
    (2)所轄労働基準監督署長へ計画の届出・作業の届出を行わない場合
    石綿のばく露防止対策等の実施内容を関係労働者のみならず周辺住民にも見やすい場所に掲示してください。(別紙2参照)
  2. 石綿を使用していない建築物等の解体等の作業について
    石綿が使用されていないことを関係労働者のみならず周辺住民にも見やすい場所に掲示してください。(別紙3参照)
2 石綿のばく露防止対策等の確実な実施について
石綿を使用した建築物等の解体等の作業を行うに当たっては、石綿障害予防規則に基づく石綿ばく露防止対策及び石綿粉じんの飛散防止対策の徹底をお願いします。
このページのトップに戻る
ページトップへ

福岡労働局 〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎
新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.