令和元年度「喫煙環境に関する実態調査」

 平成30年7月に健康増進法の一部を改正する法律が成立し、令和2年4月1日より全面施行され、望まない受動喫煙を防止するための取組は、「マナーからルール」に変わりました。また、職場における受動喫煙防止は、労働安全衛生法第 68 条の2により対策を進めています。
 
〇  「令和元年度 喫煙環境に関する実態調査」結果資料は こちら
 
 健康増進法は、国民の健康の向上を目的として多数の者が利用する施設等の管理権原者等に望まない受動喫煙を防止するための措置義務を課すものです。一方、 労働安全衛生法は、職場における労働者の安全と健康の保護を目的として、事業者に、屋内における当該労働者の受動喫煙を防止するための措置について努力義務を課しています。
 
 事業場の皆様は、「職場における受動喫煙防止対策」に今後とも取り組んでいただくようお願いします。
 
〇  厚生労働省HP「職場における受動喫煙防止対策」サイトは こちら
〇  福岡労働局 労働衛生(健康確保)関係の総合ページは こちら
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.