「令和2年度版 労働者の健康管理を支援する助成金制度」を紹介します

 労働者健康安全機構は、労働者の健康管理、健康教育その他の健康に関する業務について、事業者及び産業医等の産業保健関係者が行う自主的な産業保健活動支援事業を行っています。
 平成27年度から「ストレスチェック助成金」事業が開始され、平成29年度からは「ストレスチェック助成金」、「職場環境改善計画助成金」、「心の健康づくり計画助成金」及び「小規模事業場産業医活動助成金」が開始されました。
 平成30年度は「心の健康づくり計画助成金」の対象を従来の「企業本社」に「個人事業主」を加え、「小規模事業場産業医活動助成金」を「産業医コース」「保健師コース」「直接健康相談環境整備コース」の3つのコースに分け、また、平成31年1月から「職場環境改善計画助成金(建設現場コース)」を加え、令和元年度からは「治療と仕事の両立支援助成金(環境整備コース)」、「治療と仕事の両立支援助成金(制度活用コース)」を加え対象範囲を拡大しました。  
 令和2年度からは、標準的労働者に比べて就労時間が短い副業・兼業労働者に対する健康診断の実施を促進することを目的に、「副業・兼業労働者の健康診断助成金」を新たに取扱うこととなりました。
 職場における労働者の健康管理等のために、ぜひご活用ください。

 
治療と仕事の両立支援助成金【環境整備コース】
 事業主の方が「両立支援環境整備計画」を作成し、計画に基づき新たに両立支援制度の導入を行い、かつ、両立支援コーディネーターを配置した場合に助成を受けることができる制度です。
 
治療と仕事の両立支援助成金【制度活用コース】
 事業主の方が事業所に配置されている両立支援コーディネーターを活用して両立支援プランを策定し、対象労働者に適用した場合に助成を受けることができる制度です。
 
ストレスチェック助成金
 従業員数50人未満の事業場が、医師・保健師などによるストレスチェックを実施し、また、ストレスチェック後の医師による面接指導などを実施した場合に、事業主が費用の助成を受けることができる制度です。
 
職場環境改善計画助成金【事業場コース】
 事業主の方が専門家による指導に基づき、ストレスチェック実施後の集団分析結果を踏まえて職場環境改善計画書を作成し、計画に基づき職場環境の改善を実施した場合に負担した指導費用の助成を受けることができる制度です。
 
職場環境改善計画助成金【建設現場コース】
 建設業の元方事業者の方が、ストレスチェック実施後の集団分析結果を踏まえて、専門家による指導に基づき、職場環境改善計画を作成し、計画に基づき職場環境の改善を実施した場合に負担した指導費用の助成を受けることができる制度です。
 
心の健康づくり計画助成金
 事業主の方が各都道府県にある産業保健総合支援センターのメンタルヘルス対策促進員の助言・支援に基づき心の健康づくり計画を作成し、計画を踏まえメンタルヘルス対策を実施した場合に助成を受けることができる制度です。  
 
小規模事業場産業医活動助成金【産業医コース】
 小規模事業場が産業医の要件を備えた医師と産業医活動の全部又は一部を実施する契約を締結し、実際に産業医活動が行われた場合に実費を助成するものです。
 
小規模事業場産業医活動助成金【保健師コース】
 小規模事業場が保健師と産業保健活動の全部又は一部を実施する契約を締結し、実際に産業保健活動が行われた場合に実費を助成するものです。
 
小規模事業場産業医活動助成金【直接健康相談環境整備コース】
 小規模事業場が産業医と締結する産業医活動契約、又は保健師と締結する産業保健活動契約のいずれかに、契約した産業医又は保健師に労働者が直接健康相談できる環境を整備した条項を含めた場合に助成するものです。
 
副業・兼業労働者の健康診断助成金
 事業者が副業・兼業労働者に対して、一般健康診断を実施した場合に、費用の助成を受けることができる制度です。
 
 
〇 労働者健康安全機構「産業保健関係助成金」ページは こちら
〇 福岡労働局 労働衛生(健康確保)関係の総合ページは こちら
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.