母性健康管理措置等に係る特別相談窓口を福岡労働局に設置します!

 福岡労働局は、令和2年10月1日から令和4年1月31日までの間、母性健康管理措置等に係る相談に適切に対応するための「母性健康管理措置等に係る特別相談窓口」を設置します。
 
 
厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症対策として、妊娠中の女性労働者の母性健康管を適切に図ることができるよう、男女雇用機会均等法に基づく指針を令和2年5月7日に改正(以下「改正指針」という。)し、また、改正指針に基づき母性健康管理措置として休業が必要とされた女性労働者に対し、有給の休暇制度を設けて当該休暇を取得させる事業主を支援する助成制度(新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金。以下「助成金」という。)を設けています。
なお、令和2年9月30日には関係法令が公布・施行され、助成金の支給要件のうち、対象となる有給の休暇制度を事業主が整備し、労働者に周知する期限について、令和2年9月30日を、令和3年3月31日まで延長することとしました
 関係法令の施行に伴い、働く妊婦の皆さまが相談しやすいよう、母性健康管理措置及び助成金に係る相談に対応する窓口として、令和2年10月1日から令和4年1月31日までの期間、福岡労働局雇用環境・均等部において「母性健康管理措置等に係る特別相談窓口」を設置しますので、お知らせいたします。
 
別添1 リーフレット「働く妊婦の皆さまへ 新型コロナウイルス感染症についてお困りの方は『母性健康管理措置等に係る特別相談窓口』にご相談ください!」(PDF:991KB)
<参考>
職場における妊娠中の女性労働者等への配慮について(厚生労働省HP)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11067.html
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.