画面は自動的に最新情報へ更新されませんので、更新する際は画面上部の図2.png(更新アイコン)をクリックするか、または「F 5」を押してしてください。 
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続 > 雇用環境・均等関係 > 法令・制度 > 情報通信技術を利用した事業場外勤務の適正な導入及び実施のためのガイドラインについて

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

情報通信技術を利用した事業場外勤務の適正な導入及び実施のためのガイドラインについて

 

〇情報通信技術を利用して行う事業場外勤務(以下「テレワーク」という。)とは

 テレワークは、育児・介護の両立の手段になるとともにワーク・ライフ・バランスを実現するための多様な働き方を可能とするなど、働き方改革を推進するための有効な手段であり、企業にとっては、生産性の向上、人材の確保、コスト削減、企業イメージの向上、労働者にとってはワーク・ライフ・バランスの向上、生産性の向上、自律・自己管理的な働き方に資する制度です。 

 テレワークを推進するためには、適切な労務管理の実施が必要となります。本ガイドラインでは、労働基準法令の適用に関する留意点など、テレワークにおける労務管理の留意点を示しています。

 

〇詳しくは下記の厚生労働省のホームページをご覧ください。 

 ・テレワーク普及促進関連事業 

ハローワークインターネットサービス.jpg bana.png  bana-job.png仕事・住まい・生活.jpg 新卒者・既卒者の皆様へ.jpg育MEN.jpg女性の活躍を推進します.jpg厚労省人事労務マガジン.jpg あんぜんプロジェクト.jpgこころの耳.jpg2015127154417.gifあかるい職場応援団.jpg労災年金受給者の皆様へ.jpgアスベスト.jpgまんが.jpgehime.jpgoshigoto_adviser_banner.jpg 20146911147.png 2016829134710.png ズ.jpg

 

愛媛労働局 〒790-8538 松山市若草町4-3 松山若草合同庁舎5階、6階

Copyright(c)2000-2011 Ehime Labor Bureau.All rights reserved.