画面は自動的に最新情報へ更新されませんので、更新する際は画面上部の図2.png(更新アイコン)をクリックするか、または「F 5」を押してしてください。 
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続 > 安全衛生関係 > 安全関係 > 令和最初の年末年始無災害運動を推進しましょう

令和最初の年末年始無災害運動を推進しましょう

 年末年始無災害運動は、働く人たちが年末年始を無事故で過ごし、明るい新年を迎えることができるよう、事業場等の取組促進を図る趣旨で、昭和46年から厚生労働省の後援のもと中央労働災害防止協会が主唱する運動で、本年で49回目を迎えます。
わが国の労働災害は、産業・就業構造の第三次産業へのシフト、高年齢労働者の増加などを背景に、その発生状況も変化してきています。
 平成30年の全国の状況は、死亡者数こそ前年を下回りましたが、死傷者数は3年連続の増加となりました。愛媛においても死傷者数は3年連続で増加し、4年連続となることが危惧される状況となっています。
 全国の死傷者数増加の大きな要因のひとつが、第三次産業における休業4日以上の災害が大幅に増えていることです。特に小売業、飲食店での「転倒」、社会福祉施設での「動作の反動・無理な動作(腰痛等)」の増加が目立つています。
 転倒や腰痛は、高齢になるほど重症化しやすく、忙しい時ほど発生しやすい傾向にあります。労働者死傷病報告を基にした労働災害分析データでも、50~59歳、60歳以上の被災が他の年齢層を大きく上回り、全体の50%を占めています。第三次産業だけでなく、あらゆる業種・業態に共通の課題として、日々の作業や安全衛生教育の中で注意を促し、災害を未然に防ぐ必要があります。
 健康面では、働き方改革関連法の施行に伴う労働安全衛生法改正により、過重労働やメンタルヘルス不調など健康リスクの高い状態にある労働者を見逃さないため「産業医・産業保健機能の強化」が図られました。また、労働施策総合推進法の改正により、職場におけるハラスメント防止対策も強化されることとなっています。従業員の健康障害やメンタルヘルス不調を未然に防ぐとともに、気軽に相談ができる体制を整備するなど、一層の配慮が求められています。
 さらに、毎年約1,000件の製造・輸入届出がある化学物質については、規制対象物質にとどまらず、危険有害性が不明な化学物質を含めて、ばく露低減措置と教育の徹底が必要となっています。
 職場の安全と健康を確保するためには、経営者、労働者双方が改めて安全衛生意識を高め、経営トップの強い決意のもとで、災害のない職場づくりに取り組むことが重要です。しっかり計画を立て、一丸となって安全衛生活動を推進する必要があります。
 年末年始は慌ただしい中での大掃除や機械設備の保守点検・始動等の作業が多くなるほか、積雪や凍結による転倒等の危険が増します。各事業場においては、作業前点検の実施、作業手順や交通ルールの遵守、非定常作業における安全確認の徹底、高所作業におけるフルハーネス型墜落制止用器具の整備を含めた保護具の点検の実施、労働者の健康状態の確認などに全員で取り組むことが一層重要となります。
 令和となって初めての年末を、皆で力を合わせて無事に締めくくり、明るい新年を迎えられるよう、安全・健康への思いを新たに事業場の実施事項の推進をお願いします。
 
 
令和元年度の年末年始無災害運動の運動標語    『令和最初の年末年始 安全健康 心に誓う』
 
 
1 実施期間      令和元年12月1日から令和2年1月15日
 
2 実 施 者      各事業場
 
3 事業場の実施事項
 
(1)経営トップによる安全衛生方針の決意表明
(2)リスクアセスメントおよび労働安全衛生マネジメントシステムの導入・定着
(3)KY(危険予知)活動を活用した非定常作業における労働災害防止対策の徹底
(4)機械設備に係る一斉検査および作業前点検の実施
(5)フルハーネス型墜落制止用器具を含めた安全保護具・労働衛生保護具の点検と整備
(6)転倒、墜落・転落、はさまれ・巻き込まれ災害防止や腰痛予防対策の徹底
(7)火気の点検、確認など火気管理の徹底
(8)交通労働災害防止対策の推進
(9)安全衛生パトロールの実施
(10)化学物質のリスクアセスメントの実施を含めた化学物質管理の徹底
(11)年末時期の大掃除等を契機とした5Sの徹底
(12)年始時期の作業再開時の安全確認の徹底
(13)過重労働をしない・させない職場環境づくり
(14)健康的な生活習慣(睡眠、飲酒、食生活等)に関する健康指導の実施
(15)インフルエンザ等の感染症予防対策の徹底
(16)職場のハラスメント防止につながる取り組みの推進
(17)自然災害等に伴う復旧・復興工事等における労働災害防止対策の推進
(18)安全衛生旗の掲揚および年末年始無災害運動用ポスター、のぼり等の掲示
(19)その他安全衛生意識高揚のための活動の実施


   愛媛労働局においても死傷災害の半分以上を50歳以上の方が占めています。また、令和元年度安全衛生管理計画書における高年齢労働者の労働災害防止対策の実施状況調査によると「高年齢者に配慮した対策を行っている」と回答した事業場の割合は、18.7%となっていることから、「エイジアクション100」の取組を推進しています。
  「エイジアクション100」とは、高年齢労働者の安全と健康確保のための100取組(エイジアクション)を盛り込んだチェックリストを活用して、職場の課題を洗い出し、改善に向けての取組を進めるための「職場改善ツール」です。
  中央労働災害防止協会では、「エイジアクション100」の特設サイトを設けています。
  高年齢労働者の安全と健康確保のための職場改善を効果的に進めるためにぜひ活用の程よろしくお願いします。

【アドレス】    http://www.jisha.or.jp/research/ageaction100/index.html

【内容等】
   1 高年齢労働者の安全と健康確保のためのチェックリスト(エクセルシート)
   2 高年齢労働者の安全と健康確保のためのチェックリストの解説(PDF)
   3 高年齢労働者の労働災害の発生状況(PDF)
   4 加齢に伴う身体・精神機能の状況(PDF)
   5 高年齢労働者の安全と健康確保のための職場改善計画’(エクセルシート)
   6 高年齢労働者の安全と健康確保に役立つパンフレット等のリスト(WEBとリンク)
   7 「生涯現役社会の実現につながる高年齢労働者の安全と健康確保のための職場改善に向けて」の報告書(PDF)


 

    この記事に関するお問い合わせ先

    愛媛労働局労働基準部健康安全課  TEL : 089-935-5204 

ハローワークインターネットサービス.jpg bana.png  bana-job.png仕事・住まい・生活.jpg 新卒者・既卒者の皆様へ.jpg育MEN.jpg女性の活躍を推進します.jpg厚労省人事労務マガジン.jpg あんぜんプロジエクト.jpgこころの耳.jpg2015127154417.gifあかるい職場応援団.jpg労災年金受給者の皆様へ.jpgアスベスト.jpgまんが.jpgehime.jpgoshigoto_adviser_banner.jpg 20146911147.png 2016829134710.png ズ.jpg

 

愛媛労働局 〒790-8538 松山市若草町4-3 松山若草合同庁舎5階、6階

Copyright(c)2000-2011 Ehime Labor Bureau.All rights reserved.書くく