令和3年度「『見える』安全活動コンクール」の実施について

 厚生労働省では、事業場等における安全活動の活性化を図るため、「見える」安全活動コンクールを開催します。
 企業・事業場で実施されている労働災害防止のための「見える」安全活動の創意工夫例を募集いたしますので、奮ってご応募ください。
 ご応募いただいた事例は、あんぜんプロジェクトホームページに掲載し、広く国民に紹介させていただきます。また、ホームページをご覧になった方々からの投票の結果等に基づいて優良事例を決定し、後日、結果発表や表彰を行います。

【「見える」安全活動事例とは】
 職場における危険性、有害性の中には、通常視覚的に捉えられないものがあります。それらを可視化(見える化)すること、また、それを活用することによる効果的な安全活動を「見える」安全活動といいます。

【募集期間】
 令和3年8月2日~令和3年9月30日

【募集概要】
 令和3年度「見える」安全活動コンクールでは、第13次労働災害防止計画において重点的に取り組んでいる転倒や腰痛防止対策等、前回の8つの類型に加えて、“ナッジを活用した「見える化」”の事例を新たに募集します。

Ⅰ.転倒災害及び腰痛を防ぐための「見える化」
Ⅱ.高年齢労働者の特性等に配慮した労働災害防止の「見える化」
Ⅲ.ナッジを活用した「見える化」
Ⅳ.外国人労働者、非正規雇用労働者の労働災害を防止するための「見える化」
Ⅴ.熱中症を予防するための「見える化」
Ⅵ.メンタルヘルス不調を予防するための「見える化」
Ⅶ.化学物質による危険有害性の「見える化」
Ⅷ.通勤、仕事中の健康づくりや運動の「見える化」
Ⅸ.その他の危険有害性情報の「見える化」

   詳細は、  「『見える』安全活動コンクール」特設ページ (厚生労働省HP) をご覧ください。


【リーフレットはこちらをご利用ください。】

    
            【PDFファイル:2MB】


 

その他関連情報

情報配信サービス

〒790-8538 松山市若草町4-3 松山若草合同庁舎5階、6階

Copyright(c)2000-2011 Ehime Labor Bureau.All rights reserved.