令和元年度 冬期労働災害防止運動

冬期特有の労働災害を防止しましょう!~令和元年度冬期労働災害防止運動展開中~ 

 
 積雪寒冷地である青森県は、冬期における降雪、低温及び強い季節風などの冬期特有の気象条件の影響を受け、積雪・凍結・寒冷に起因した転倒・墜落災害及び車両等のスリップ事故による労働災害(以下「冬期労働災害」という。)が多発します。
 このため、青森労働局では、安全衛生関係団体、事業者団体等と連携し、事業場における自主的な安全衛生管理活動の一層の推進を図り、冬期労働災害の防止を目指して「冬期労働災害防止運動」を展開します。

 
    令和元年度冬期労働災害防止運動
    実施期間:令和元年11月1日~令和2年3月31日
    重点目標:転倒災害、墜落災害及び交通労働災害の防止
 

 
各事業場におかれては、次の資料などを参考に、冬期労働災害防止対策に積極的に取り組まれますようお願いします。
 

 令和元年度冬期労働災害防止運動実施要綱<254KB;PDFファイル>
○ 冬期労働災害防止対策の進め方(令和元年度版)<470KB;PDFファイル>
 令和元年度冬期労働災害防止運動リーフレット<2MB;PDFファイル>
 平成30年度冬期労働災害発生動向(確定版)<295KB;PDFファイル>
 冬期労働災害統計(令和元年度版)<3MB;PDFファイル>
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒030-8558 青森市新町2-4-25 青森合同庁舎

Copyright(c)2000-2014 Aomori Labor Bureau.All rights reserved