企業がDXを推進するためには、専門性の高い人材だけでなく、全ての人材がデジタルリテラシーを習得し、必要なベーススキルを身につけることが重要です。
DX推進のきっかけとなるよう、デジタルリテラシーへの理解促進のためのセミナーを開催します。
これからDXにチャレンジしようとしている経営者のみなさま、是非ご参加ください!


リーフレットはこちら(PDF)



事前申込制となりますので、「セミナー参加お申込み」ボタンから専用フォームに必要事項をにご入力の上、お申込をお願い致します。

※先着順のため、定員に達し次第終了します。


後日、YouTubeにてアーカイブ配信を予定しています。(要お申込み)




令和4年12月15日(木)13:30~15:30  
受付開始時間:13:00~



愛知労働局 伏見庁舎 10階会議室



先着 100名



無 料





  
株式会社ディジタルグロースアカデミア
代表取締役社長 高橋範光氏


<講師プロフィール>

経済産業省デジタルスキル標準検討会委員
アクセンチュアでコンサルティング事業に従事した後、チェンジに入社し、執行役員としてデータ分析コンサルティングおよびデジタル人材育成事業を立ち上げ。
2021年4月に、チェンジとKDDIの合弁会社であるディジタルグロースアカデミアを設立し、代表取締役を務めるとともに、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)の専門委員などデジタル人材育成の活動に社内外で従事。

<基調講演テーマ>
企業のDX推進に向けたデジタルリテラシーの浸透の重要性

(講演概要)
 企業や組織におけるDXを成功させるには、全社一丸となって取り組むことが重要であり、経済産業省も2022年3月にDXリテラシー標準を策定し、広くデジタルリテラシーの普及を進めています。
 本講演では、デジタルリテラシーの重要性とその中身、取り組むためのポイントを解説します。





 
トヨタ車体株式会社 
経営企画部 TQM推進室 
主担当員 松本浩司様


<講師プロフィール>

1998年にトヨタ車体株式会社に入社、車両開発のCAE解析(シミュレーション)業務に従事し、デジタルデータの活用に19年間携わる。
2019年から現職場、経営企画部 TQM推進室に異動、主にビッグデータ・機械学習技術を用いた問題解決や業務改善の促進を進めている。

<取組事例紹介テーマ>
社内における機械学習技術のすそ野を広げる活動について


(講演概要)
デジタル技術の一つである機械学習技術の弊社内でのボトムアップ活動の紹介と、その時に得られた経験を基に、デジタル化技術を広める上で感じたことをお話してまいります。
弊社事例が、皆様のお役に立てば幸いですし、またご意見、ご指導等いただければと思います。

  




関係機関(経済産業省・中部経済産業局、厚生労働省・愛知労働局、公益財団法人産業雇用安定センターから、デジタルスキルを学ぶことができる学習コンテンツや、職業訓練・助成金、出向制度を活用した人材育成・キャリアアップ支援などをご紹介します。 





名古屋市中区錦2-14-25

愛知労働局 伏見庁舎 10階会議室

地下鉄東山線/鶴舞線 伏見駅 東改札口 D出口すぐ

 

※伏見庁舎には、駐車場はございませんので、近隣の有料駐車場をご利用いただくか、出来る限り公共交通機関をご利用の上、ご来場をお願いします。




  


 
経済産業省  中部経済産業局 地域人材政策室    
       TEL:052-951-2731
厚生労働省  愛知労働局 訓練室  
       TEL:052-688-5755 
公益財団法人  産業雇用安定センター愛知事務所   
      TEL:052-583-8876 



 

その他関連情報

情報配信サービス

〒460-8507 名古屋市中区三の丸二丁目5番1号 (名古屋合同庁舎第二号館)

Copyright(c)2000 Aichi Labor Bureau.All rights reserved.